« 万能リップバーム | トップページ | 季節の変わり目!必需品 »

2010/09/13

NRクリームのスゴサを再認識

Tdnrc


今まで使っていたアンチエイジング用乳液(NRローション)がなくなったので、今度はクリームタイプに切り替えてみました。
丁度季節も変わってなかなか良いタイミングだったのではないかと。
いえ、大正解でした。

私はこのNRローションとNRクリームを季節によって使い分けていますが、
その度に感じることは何故かクリームの方が肌への馴染みが良くその後肌がしっとり落ち着いた感じになります。
どちらかというとローションの方がさっぱりしていそうに思うのですが、何故か逆なのです。

まあそれは良いとしても、NRクリーム、やっぱり凄いです。
翌朝にはハッキリとわかりますね。
肌のハリと滑らかさが明らかに違います。

ここまで違いがハッキリ出る乳液って他にないのではないでしょうか?
少なくとも私は経験したことがありません。
何度経験しても「これが自分の肌?!」と思ってしまいますから。

とにかくやる気が出ます。
それもそのはず、1日でこれだけの結果が出るとなればとことん使い込みたくなります。

国内の基礎化粧品の場合、そういうのがなかなかないです。
我慢して我慢してようやく何ヶ月かして、なんとなく変わってきたかな?という感じでしょうか。
とにかくガツンという手ごたえがないです。
まあガツンと来るもの=副作用があるという感じになってしまいますからね。

肌が火照ったり、赤くなったり、ヒリヒリしたり、涙がポロポロ出たり・・
きっとそんな風になったら恐くて使わなくなってしまうでしょう。

が、
NRクリームはそういうこともなく、最初はジワジワっという感じですが、その後ガツンと来るのです。

前にもお話しましたが、NRクリームの最大の特徴は、栄養が徐々に時間をかけながら肌に馴染んでいくことです。
きっと今まで肌が過剰に反応してしまい、戸惑う人が多かったのでしょう。
栄養価の高いものを肌の上にいきなり乗せると過剰に反応して当然です。

しかし、アンチエイジングするということは老化に逆らうということです。
老化に逆らおうとするのに、栄養価の低い肌にマイルドなもの塗っていてもどうにもなりません。
騙しながらも肌に栄養をねじ込んでいかなければアンチエイジングなんて出来るわけがないのです。

NRクリームはそういう意味で、いきなり肌を刺激しないようじわじわと栄養が肌に馴染んで行くようにつくられています。
その証拠に瞼に塗るとすぐには反応せずにしばらく時間を置いてからしみてくる感覚があります。
慣れてない人は決して真似しないでくださいね。

とにかくTDNRクリームをまだ知らない人は一度は経験すべきだと思います。
そして、使った後に思うことは「今までのは一体なんだったのか?」ということです。
少なくとも私はそう思いました。

この素晴らしさを知ってしまったらつい容器に頬ずりしたくなるクリームですね。

|

« 万能リップバーム | トップページ | 季節の変わり目!必需品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69370/49431813

この記事へのトラックバック一覧です: NRクリームのスゴサを再認識:

« 万能リップバーム | トップページ | 季節の変わり目!必需品 »