« ビタミンD3をどのように取り入れるか? | トップページ | かゆみがピタリと止まるシャンプー »

2010/02/20

ニキビの感染元はネットだった?!

Cn4e


最近、ニキビが流行っているのでしょうか?
ニキビが感染するものとは聞いたことがないですが、そう思いたくなるほど最近増えているように感じます。
なんかCMでも“売上No.1”とかやってますし・・

まあ、こうして私がニキビの話題を持ち出すからこういう情報が集まってくるというのもあるのでしょうが、
いずれも私もそのニキビと戦う一人です。

私の場合様々なところに出来ますが、一番多いのは額、特に眉間の近くです。
次に顎など口の周り。
そして時折頬などにもできます。
本当にもぐら叩きのように、叩いても叩いても別のところから飛び出してきます。

それでニキビ対策なのですが、かつてはサリチル酸入りのニキビ用トリートメント剤で難なく治っていたのですが、
最近はそう簡単には行ってくれません。
ニキビもひょっとして抵抗力をつけてきているのでしょうか?

ニキビ治療といえば、今までは洗顔料が主体でした。
そして、殺菌力のあるトリートメント剤。
しかし、最近ではニキビケアはスキンケアそのものを変えるという発想に変わってきています。
ニキビケアにはニキビケア専用のスキンケアを、ということですね。

そして最近登場したのが、ラクトフェリンやプラベンティンを配合したサプリメントです。
これを初めて使った時はニキビの特効薬ではないかと思ったほどです。

が、です。
これだけでニキビ撲滅はできません。
せいぜいこれらの処置はニキビが出ない状態を保つという感じで、生活そのものを変えない限りは根本的には治すことはできないでしょう。

私が気に入っているニキビ専用スキンケアも、他の商品にしても、これらはあくまでもニキビに対応するスキンケアであり、決して肌のハリを改善したり、シミを薄くしたりするようなアンチエイジングレベルのものではありません。
ニキビが出来ることはいわば肌の病気です。
病気の状態で決して美は得られません。

なのでアンチエイジングを心がける人にとってはニキビが出ない状態にするのは大前提であり、目標ではないはずなのです。

私がこれまでの経験活かしつつもいろいろやってみた結果最も良かったのは、
とにかく夜はとっとと寝ることです。

私は体質的に夜更かし人間なのですが、ここぞとばかりに気合を入れて生活を変えました。
夜10時にはベッドに入り、本もDVDも一切観ずにそのまま寝るというものです。
ハッキリ申し上げてこれが一番でした。
サプリやスキンケアの力を借りながら早く寝るのがニキビをつくらせない肌にするための最善策なのです。

ここで私は悟りました。
ネットの影響で夜更かし族が増えたのではないでしょうか?
夜更かしをすることでホルモンバランスが崩れ、
それによって皮脂分泌が増え、はたまた新陳代謝が悪くなり、
そのことによってニキビ族が増加し、**が世界で売上No.1に。。

私もそうですが、特に最近夜更かしをする女性(特に主婦の方)がとても増えています。
なにしろ夜中の2時頃にメールしてもお返事が返ってくるのですから。。(汗)

私もネット以前の生活をしていた時はニキビなんてぜんぜん出来ませんでした。
ニキビが出来始めたのはネットを始めてからです。
要するにニキビの感染元はネットだったということです。

今私が愛用しているニキビ用スキンケアもサプリも、かつてはなかったものです。
なぜ最近急にニキビケア用の製品が増え、そして在庫切れが続いているのか?

こう考えると全て辻褄が合います。

まさに、ネットをやめますか?それともニキビをやめますか?の世界です。

まとめますと・・
ニキビをなくしたかったら、まず生活を変えることです。
サプリとスキンケアの力を借りながら、まずはニキビを一掃してしまいましょう。
それによってようやくアンチエイジングを始められます。

この記事が少しでも参考になりましたらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ

|

« ビタミンD3をどのように取り入れるか? | トップページ | かゆみがピタリと止まるシャンプー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69370/47621393

この記事へのトラックバック一覧です: ニキビの感染元はネットだった?!:

« ビタミンD3をどのように取り入れるか? | トップページ | かゆみがピタリと止まるシャンプー »