« 仕事しながらスキンケアできる | トップページ | カロチン+スージングクリームで皮膚病対策 »

2009/11/21

ニキビも筆でケア

Sb_ab
どうやら周期的にニキビが発生するようです。
因みに大人の場合はニキビではなく吹き出物と呼ぶようですが、どうもしっくりこないのでニキビのままで行きます。
英語ではニキビのことをacne(アクネ)、吹き出物のことをrush(ラッシュ)となりますが、ラッシュといってもなんだかピンとこないですよね?

人気ブログランキングへ

とにかくそのニキビの発生原因ですが、一番大きいのは食生活の変化だと思います。
ちょっといつもよりコーヒーを飲みすぎてしまったり、つい塩分を摂りすぎてしまったり、動物性脂肪を摂りすぎたり・・
おそらくそんな感じかと。

メンタル的なことも大きく関わっていそうですが、私の場合はさほど大きな波はないほうなので、どちらかというとやはり食生活が大きいかと。
それにホルモンバランスの変化によることも体で感じています。

それにしても青春のシンボルであるニキビが、私の場合、中学、高校時代全くといっていいほど出来なかったのに、40歳を過ぎてからしょっちゅうニキビに悩まされるは・・

まあ出来てしまったものは仕方ありません。

いつものようにCNのサリチル酸入りのソフトスクラブ洗顔料で丁寧に洗います。
ニキビケアでは洗顔が一番大事ですのでここは手抜かりなくです。

次にニキビの部分を避けながらトナーで水分補給をし、
そしてニキビの部分にアクネジェルを塗ります。
これは今まで指でつけていたのですが、今回は今お気に入りのスキンケアブラシを使います。
ニキビ専用ブラシです。

私のスキンケアも本当に本格的になってきました。
サロンでもこんな専用ブラシを使ってくれないのではないでしょうか?
クリニックなどでも薬を塗るときはゴム手袋をして指で塗りますから。

とにかくそのブラシでつけるとまたぜんぜん感覚が違います。
とても肌に馴染ませやすく、出血しているニキビにはやさしく、ピンポイントでも広範囲でも、実に使いやすいです。
ということで私の肥大化したニキビはどんどん小さくなり、3日目でかなり目立たなくなってしまいました。

あとは、いつもの美容液や乳液をつけるのですが、もちろんニキビの部分だけは避けます。
毛穴を塞ぐことはない乳液ですが、ニキビはとにかく乾燥させたほうが治りが早いですので。
これに関してもブラシを使うとニキビ部分だけ避けて塗るのも実に簡単です。
特にこの乾燥シーズンではニキビケアをしながらも、しっかり保湿もしたいので、このような使い分けができるのもブラシの成せる技だと思います。

本当にこのブラシは使えば使うほど気に入ってしまいます。

まだ今は基礎化粧は手やコットンで行うのが主流ですが、近い将来ブラシでのスキンケアがかなり浸透してくるように思います。
前にも書きましたが、こればかりは使ってみないと絶対にわからないと思います。
なんとなく、「ふ~ん」なんて声が聞こえてきそうですし。

いずれも今後手で行うスキンケアに戻ることはないと思います。
確実にスキンケアが以前より楽しくなっていますので。

この記事が少しでも参考になりましたらクリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« 仕事しながらスキンケアできる | トップページ | カロチン+スージングクリームで皮膚病対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69370/46819565

この記事へのトラックバック一覧です: ニキビも筆でケア:

« 仕事しながらスキンケアできる | トップページ | カロチン+スージングクリームで皮膚病対策 »