« マイクロスフィアによる美肌効果 | トップページ | 期限付きの新コンシーラー »

2009/09/25

お腹の中の腸内菌を育てる

If7_glass
最近お腹の調子がすごくいいです。
これほど気持ちのいいことはありません。
トイレの時間もかなり短縮されその分一日を有意義に過ごせるようになりました。

人気ブログランキングへ

と、なんだか大袈裟かもしれませんが、
逆にお腹の調子が悪いとその日一日が憂鬱です。
憂鬱でいるとあまりいいことはありません。
なのでお腹の調子を良くすることには積極的になりたいものです。

以前十分実感したはずなのに、どうして人間と言うものは調子が良い状態が続くと油断してしまうのでしょう。。

私の快便は自慢できるほどでした。
なにしろ便座に座っている時間は5秒ほどですから。
座った瞬間に、ほとんどいきむこともなくスルリと、
しかも理想的な1本のバナナ型。
出た後は、「出し切った」という感じで、お腹の中に何も残っていないと思えるほどの爽快感です。
しかもにおいもほとんどありません。

その頃実践していたのは腸内菌パウダーを毎日欠かさずとることでした。
本当にこのパウダーはすごいです。
“お腹の悩み一気に解決”という感じです。

そんな状態がずっと続き、もう大丈夫!と思いましたね。
そして、徐々にパウダーを摂る頻度が減り、
気がつくとパウダーの存在すら忘れていた・・という感じです。

それでどうなったかと言いますと、
便臭が鼻につくようになり、
いきんでもなかななか出なくなり、
便の色が黒くなり、
1本ではなく玉のような便がぽろぽろと。
その挙句が痔です。
毎回排便時に出血、
そして出し終わっても残っているような残便感。
気分は最悪です。

まあ、こうなるまで気がつかなかった私も私ですが。

汚い話ですみませんが、こんな話が出来るのも今またお腹の調子がすごく良くなったからです。

さて、私はあることに気づきました。
腸内菌パウダーの摂り方ですが、
私のような状態である場合は1日1本では到底足りません。
焼け石に水とまでは言いませんが、なかなか改善される感じがつかめません。

ですので、まずは1日3本です。
その分消費が早くなりますが、まずは腸内環境を整えることが大事ですから。
荒れ果てた土壌を肥えた土壌にするには、最初は良い土や土の養分になる肥料やら大量に必要です。
そして一度出来上がってしまえばあとは維持レベルで肥料を加えていけばいいのと同じで、
お腹の調子が良くなり、快便になったら、1日1本に減らしても大丈夫です。

個人差あるかと思いますが、私は3日目には体感し始め、5日目には明らかに排便がスムーズに、
2週間も経てばもうほとんど前の良い状態になっていました。

その間出血したのは1回だけ。
それに関しても一技あるのですが、それはまた別の機会に。
とにかく私は痔の薬を一切使うことなく、お腹の調子、排便を最良の状態に戻し、痔の症状も全く出なくなってしまいました。

ここで解かったことは、肛門で起こっている症状を一生懸命肛門内で対処しようとしてもダメです。
多分経験している人はなんとなくそう感じてらっしゃるはずです。

とにかく便秘を治し、快便にすることです。
そうすれば痔は引っ込んでしまいます。

腸内菌パウダー、最高です。
私が摂ってるパウダーには7種類もの腸内菌が入っています。
因みに私は毎日ヨーグルトを食べていましたが、それではぜんぜんダメでした。

ということで、私の中での必須サプリは、
マルチサプリのNDX、プロテインパウダー、そして腸内菌パウダーI7です。
これで体丸ごとリフレッシュ&パワフルになれます。

この記事が少しでも参考になりましたらクリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« マイクロスフィアによる美肌効果 | トップページ | 期限付きの新コンシーラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69370/46305413

この記事へのトラックバック一覧です: お腹の中の腸内菌を育てる:

« マイクロスフィアによる美肌効果 | トップページ | 期限付きの新コンシーラー »