« この季節の必須ハーブ!エキナセア | トップページ | 浮き出た血管はOPCで »

2009/08/30

夏の日差しでできた色むら、どうする?

Tdie_shadow
「ちょっと近くに行くだけだからいいや」と思っていたら、しっかりと色むらが・・
いくら短時間でも、毎日のことですから日焼止めをつけずに出かけていると徐々に日焼けしてしまいますね。

人気ブログランキングへ

特に車での移動は要注意です。
クーラーをきいていると涼しいので、日焼けしないような錯覚を起こしますが、大間違いですね。
紫外線と涼しさは全く関係ありませんから。

これがまた、きれいに焼けてくれればいいのですが、歳のせいでしょうか、油ののりが均一でないからでしょうか、
むら焼けしてしまいます。

手はまだいいにしても、顔のむらはいけません。
これはなんとかしなくては。
ということで、先日から美白ケアを再開しました。

丁度空気が乾燥気味になってきたので、ニキビ専用スキンケア「CN」からモイスチャー効果の高いTDシステムに移行。
それに今年発表されたばかりの新美白美容液「IE」をプラス。

本当にすごい時代になったものです。
家庭でレーザーに匹敵するような美白ケアが出来るようになったのですから。
しかもノンレーザー。塗るだけです。
世界が待ち焦がれた美容液といっても過言ではないでしょう。

これを肌の色の濃い部分につけるわけですが、3日目ぐらいから濃淡の差が徐々になくなってくることに気づきます。
これ本当に凄いです。

衣類でも頑固なシミをとるのは一苦労ですが、それでも毎回シミの部分に洗剤をつけて洗濯していれば徐々にシミは薄くなっていきます。
そういう感じです。

ここでつけ方のコツですが、
まず最初にIEを1プッシュ分手の甲にのせ、それを指先にとります。
そして最も色の濃い部分に指先でつけ、そこから徐々に周りに薄く伸ばしく感じです。
これぞプロの技!?

とにかくどんどん色の差がなくなって行き、シミやソバカスがどんどん目立たなくなっていきます。
一体何が入っているのでしょう?と思ってしまいますが、医薬品に該当するものは全く入っていません。
まさにナチュラルパワーですね。

思うのですが、
こんな素晴らしい美容液が出てしまうものだから、日焼け対策に手を抜いてしまうのです。
あとでなんとかなるからいいやと。
いけませんね。

病気になってから病気を治すのではなく、病気にならないよう普段から健康管理を行うことはとても大事ですが、
それはお肌のケアに関しても言えることですね。

この記事が少しでも参考になりましたらクリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« この季節の必須ハーブ!エキナセア | トップページ | 浮き出た血管はOPCで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69370/46066432

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の日差しでできた色むら、どうする?:

« この季節の必須ハーブ!エキナセア | トップページ | 浮き出た血管はOPCで »