« AHA5%でニキビ跡がどんどん薄く | トップページ | 続・ベーシックVSアンチエイジング »

2009/06/30

ベーシックVSアンチエイジング

Ess_tdss
機会があればやろうと思っていたのですが、
この度、ベーシックラインのエッセンシャルシリーズとアンチエイジングラインのTDシリーズを徹底比較してみました。
今回しっかり使い込んでみたのでそれぞれの特徴がとても浮き彫りになりました。

人気ブログランキングへ

一言でいえば、エッセンシャルがマニュアル車でTDがオートマ車、
言い方を変えると、
エッセンシャルがアメリカ料理でTDがフランス料理という感じでもあります。

どちらもすごく良い原料を使っているのです。
もう、本当にきれいになるための天然エキスが惜しみなく入っています。

何が違うかというと、
エッセンシャルは天然原料をありのままに入れてあり、
TDはその原料の良さもっと生かすために様々な仕掛けというか、かなり作りこんであるという感じです。

要するにエッセンシャルは原料さえ揃えば素人でも作れます。
ミックスジュースをつくるような感覚で。
しかし、TDは素人では無理だと思います。
まず原料が揃わないでしょうし、その微妙な配合が専門家でないと解からないと思います。
なにしろ何人かの科学博士が何年、何十年もの歳月を掛けて作り上げたものですから。

ところで、エッセンシャルのどんな部分がマニュアル車かといいますと、
上手に使いこなさないとノッキングを起こすということです。
たまに教習所で見かけますよね?
とにかく天然成分というのは直接肌につけるとそれなりの刺激があるものです。
極端な例で言うと水が目の中に入っても痛くありませんが、レモン汁が目の中に入るとしみます。
そういうことです。

エッセンシャルは肌の弱い人が使うと肌が敏感に反応するようです。
これは肌に合うとか合わないとかという次元の話ではありません。
要は自分の肌に多くの栄養を迎え入れる受け皿があるかどうかということです。
栄養価の高いものは肌に変化をもたらします。
ピリピリするからと「肌に合わない」と片付けてしまってはきれいになるチャンスを逃すというものです。
マイルドなものばかりを使っていて本当に肌が若返りきれいになるでしょうか?

とにかく、いろいろ工夫していきます。
馬を上手に乗りこなすように。(因みに私は馬に乗ったことありません)
使い方をお話しますと、
まず、化粧品に合わせてもらおうとせず、自分がその化粧品に合わせていきましょう。
化粧品様様なのです。
優秀であるその化粧品に従うべきです。

エッセンシャル(乾燥肌用)の洗顔料は泡立ちません。そのまま顔につけてマッサージに専念しましょう。
化粧水は必ずコットンを使いましょう。
手の平でぴちゃぴちゃやるのは自由ですが、その後の潤い効果は25%にも満たないでしょう。
スポンジに限界まで水を含ませ指でちょんと押すと水が染み出してきますが、
自分の肌がそういう感じになるまで、コットンパッティングします。
ここまでやるのとやらないではぜんぜん違います。
乳液はたっぷり使いましょう。
肌が真っ白になるぐらいです。
敏感肌の人はまず少量を塗って、様子を見ながら足していきます。
水分補給と同じ要領です。
乳液でもパッティングする方がいらっしゃるようですが、このエッセンシャルの乳液はパッティングしないでも自ら肌に入っていきます。
やさしく手のひらで包み込んであげるように馴染ませるのであればOKですが、
ぱんぱん音を立てるようなパッティングは絶対ダメです。
肌に強い刺激を与えるとどうなるかと言いますと・・
かかとがいい例です。
歩くたびに何十キロという重量が掛かり常に痛めつけられている部分です。
皮が厚く堅いですよね?
もちろんそういう素肌をお望みであれば毎日強く叩くべきですが。

とまあ、エッセンシャルの使い方をお話していたら何十行にもなりました。
細かなことを言い出すとまだまだあるのですが、きりがないので使い方はこれぐらいで。

一方、TDの方はどうかといいますと、とにかくハイクラスのオートマ車という感じです。
人間が工夫する必要はありません。
とにかく肌にのせてしまえば、あとは自動的に肌を若返らせてくれます。
洗顔は普通に手の平であわ立てて2分ほど掛けてマッサージし、その後すすぎます。
化粧水は手にとってじっくりと馴染ませるような感じで。(先ほども申し上げたようにパッティングはタブーです)
乳液は顔全体に行き渡ればOKです。(余計なことはしなくて構いません)
これだけです。
これで、翌朝、何歳か若返った顔が鏡に映ります。
本当に気が抜けるほど簡単に、今までにない美肌が手に入ってしまいます。
現在の美容科学がどこまで進んでるか身をもって体感することができるでしょう。

因みにエッセンシャルは定価で約47ドル、TDは約167ドル、
どちらもその成分や特徴から考えて絶対にあり得ない金額だと思います。

特にTDはアンチエイジングがどういうものか教えてくれるスキンケアです。
逆に言えばTDを使わずしてアンチエイジングを語ってはいけません。(といいたくなるほどのものです)

今日はこの辺までにしておきます。
次回は比較表などをアップしてみたいと思います。

この記事が少しでも参考になりましたらクリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« AHA5%でニキビ跡がどんどん薄く | トップページ | 続・ベーシックVSアンチエイジング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69370/45495513

この記事へのトラックバック一覧です: ベーシックVSアンチエイジング:

« AHA5%でニキビ跡がどんどん薄く | トップページ | 続・ベーシックVSアンチエイジング »