« 本当に白くなるエッセンス | トップページ | 運動後もバリバリ働けるサプリ »

2009/04/16

膝にご馳走を与えると

G7_twin
またもやグルコサミンに助けられました。
何度体験してもグルコサミンの凄さには驚かされます。
膝が痛んだとき、膝が一番欲しがっているものがわかりますね。

人気ブログランキングへ

以前は磁気治療器もよく併用していましたが、今ではこれだけですっかり良くなってしまいます。
特に急性的な関節痛なら2粒だけで良くなってしまいますね。
それ以上摂ったことがありません。

もしこの痛みを抑えるために鎮痛剤を使っていたらどうなっていたでしょう?
同じように痛みはなくなるわけです。
しかし膝の栄養不足はそのままです。
へたをすると間接の軟骨が磨り減っていたり、滑液が十分でなくなっていたりするわけです。
その状態で痛みがないとまた無理をしてしまいますから、膝の状態をもっと悪くしてしまいますよね?

鎮痛剤は症状を悪化させるものだと思ったほうがいいでしょう。
そもそも「痛い」というシグナルは、そこに意識を向けなさいという意味なんですよね。

グルコサミンの場合もまた同じように痛みがなくなります。
そしてその後普通に生活も出来るし運動もできます。
要するに間接が修復されたから痛みがなくなったわけです。

まあ、今更私が力説しなくともグルコサミンが膝に良いのは今や常識になりつつありますし、
湿布を貼ったり、鎮痛剤を飲んだりする人はかなり減っていると思います。

ただ、グルコサミンと言ってもそれだけだと完全とは言えません。
膝の関節に必要な栄養はグルコサミンだけではないですから。

まず健康な軟骨をつくる上で必要な栄養素はグルコサミンの他に、コラーゲン、コンドロイチンが必要です。
そしてその軟骨同士がスムーズに動くようその隙間が滑液で満たされています。
この滑液で最も主となる栄養素がヒアルロン酸です。
そして丈夫な細胞をつくるためのホウ素、健康な骨をつくるためのマンガン、コラーゲンを合成するのに欠かせないビタミンC。
老化を防止する抗酸化物質ビオフラボノイド。

これらが全部入っていたら、ちょっとやそっとでは壊れない頑丈な間接が作られそうですが、
私が今愛用しているサプリにはそれが全部入っています。
間接組み立てキットのようなサプリです。

更に、昔から関節炎に良いとされ使われてきたボスウェリアセラータエキス。
これを特殊な方法で高濃度にしたものが5-ロキシンですが、
その中でも最も間接の痛みに有効とされるAKBAを30%含有しています。

これ以上なにが必要か?
といいたくなるような、間接にとってご馳走のようなサプリです。

因みに1週間で損傷された間接が修復されるという臨床データがあるそうですが、私の場合は1日もかからず元通りになるようです。
まあそれだけ軽度ということなのでしょうが。

因みに今回の膝の痛みは先日花見に行った時にかるく山登りをいたしまして。
その後に太極拳の稽古が重なったのが原因のようです。
それで膝は栄養不足になり悲鳴をあげたということでしょう。

あまりにも膝の痛みがすぐに良くなるので、このサプリをクスリと勘違いする人もいらっしゃるでしょう。
でも違います。
これは膝にとっての「ごはん」なのです。
膝のために必要な栄養素をぎゅっとコンパクトにした小粒の「ごはん」なのです。

この記事が少しでも参考になりましたらクリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« 本当に白くなるエッセンス | トップページ | 運動後もバリバリ働けるサプリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69370/44695487

この記事へのトラックバック一覧です: 膝にご馳走を与えると:

« 本当に白くなるエッセンス | トップページ | 運動後もバリバリ働けるサプリ »