« 角質がボロボロと剥がれたら | トップページ | ホホバビーズで肌のハリ復活! »

2009/04/30

切らない縫わないアイリフト2

Tdlec2
以前、「塗るアイリフト」が間もなく出ることをお話しましたが、ようやく詳細がわかりました。
もちろん、すぐに予約注文しておきました。

切らない、縫わない、注射器も使用しない。
塗るだけで完結するアイリフトです。

人気ブログランキングへ

見出しを読むと、90%の女性の目が若く見えるようになる程のパワフルフォーミュラなのだそう。

ちょっと意味がよく解かりませんが・・読み進んでみますと、
このリフティングアイクリームは目にまつわる問題すべてを解決してくれるオールインワンアイクリームなのだそうです。
なので、目のトリートメントのためにいくつかの美容液を使う必要はないとのこと。
要するにこれひとつで、目尻の小じわ、目のクマ、瞼のたるみ、これら全てをまとめてトリートメントしてくれる大変頼もしいアイクリームなのです。

まずこのクリームを使うと皮膚が柔らかくなると同時にハリが増すのだそうです。
臨床試験でこのアイクリームを使った90%の女性は、見た目明らかに目が若返ったことが確認されたとのこと。
是非その90%の中に入りたいものですね。
とにかく12週間連続使用で目を積極的にリフトアップし、小じわをかなり目立たなくさせることが出来るのだそうです。

これは非常に楽しみです。
よく話すことですが、人はまず目を見ますから目が若返ると全てが若くみえるから不思議です。

目の小じわは老けて見えますよね。
消せるものならすぐにでも消したいものです。
小じわの原因はほとんどの場合が水分不足です。
潤いがなくなると皮膚が硬化し小じわになりやすくなります。
渇水状態の田んぼに似てます。
なぜ水分不足になりやすいかは、目の周りの表皮が極端に薄いからです。
たまごの薄皮一枚ぐらいと言われてますが、そんな薄い部分で水分を保っていられるほうが難しいですよね。

それに目のクマ。
これは老けて見えるだけでなく疲れて見えるし、なんとなく病的に見えます。
目のクマには二通りありますが、ひとつは血行不良によって目の下が黒く見えるパターン。
目の周りの表皮は特に薄いですからうっ血すると透けて見えてしまうわけですね。
もうひとつは目の皮膚のハリが失われ支えきれなくなった脂肪が飛び出してくるパターン。
目の下にぼこっと膨らみが出来るので、それで影が出来、その結果老けて見えたり、なんとなく人相も悪くなったり。
この脂肪を注射器で吸引して目のくまをとる手術がありますね。

そして瞼のたるみです。
若い頃の写真を見るとすぐに解かりますよね。
目が違います。
ハリがあるから目がぱっちりしてます。
しかしハリが失われると・・・
目尻が垂れたり、三角目になったり。
三角目になると極端に老けて見えます。
お婆さん顔ですね。。
年齢と共に若さを維持する肌の栄養がどんどん失われていくので仕方ありません。

とにかくこのリフティングアイクリームにはこれらを強力に復活させてくれる全ての栄養が詰まっているとのこと。
小じわをトリートメントする保湿成分。
血行不良に改善し目のくまを目立たなくする血行を良くする栄養。
目のハリを復元し、脂肪が飛び出さないようハリの元になる栄養。
垂れた目尻や瞼にハリと弾力を与えぱっちり目にする栄養。
とにかく全部です。

私はこういう製品が大好きです。
「目を若返らせたかったらとにかく塗っとけ」的な。

成分に関しては翻訳するのに気が滅入るほど多種類入っていますのでまたの機会に。
成分をざっと眺めた感じでは天然成分もたくさん入ってますが、薬品レベルに近いものがあるように思います。

値段は約16g入りで定価約40ドル。
他社からも類似品が出てますが、安くとも60ドルしますし、100ドルのものもありますね。

とにかく良心的な価格に、目に必要な栄養が全て入っていて、
しかもきちんとモニターテストされた製品であり、おまけに結果も確認されているもの。

買うしかありませんよね。

いつ出荷になるかまだ解かりませんが、手元に届くのが大変待ち遠しいです。

この記事が少しでも参考になりましたらクリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« 角質がボロボロと剥がれたら | トップページ | ホホバビーズで肌のハリ復活! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69370/44851441

この記事へのトラックバック一覧です: 切らない縫わないアイリフト2:

« 角質がボロボロと剥がれたら | トップページ | ホホバビーズで肌のハリ復活! »