« 乳液として?ファンデとして? | トップページ | バイオリズムが下がってきたら »

2009/03/27

膝と腰に 新G7の威力!

G7_120_14e
グルコサミンが更にパワーアップして新発売されましたが、
すごいという話題は耳にしていたものの、実際にどうなのかというはぜんぜん知りませんでした。
なにしろここ最近、膝も腰も順調だったわけで。

人気ブログランキングへ

そんなある日、父が膝が痛いと言うので、その新製品のG7を渡しました。
私の父も今年には70歳。
体のあちこちにガタがきてもおかしくない歳です。

そして、次に会ったとき、G7を摂り始めたらかなり調子がいいと。
そしてまた次に会ったときは、「同じやつをくれ」と言われました。
父がこうして催促してくるなんてかなり珍しいです。
どちらかというと繊細肌の父はこういうものに関してうるさいですから。
過去に私がすすめたもので認めたものは、あとはNDXぐらいでしょうか?

とにかくG7、
かなりいいみたいです!

そんなある日、ようやく私もG7体験できる日がやってきました。
春だと思ってたら急に真冬のように寒くなりまして・・
少々薄着で外をぶらぶらとほっつき歩いていたのが響いたようで、膝がきしむように痛く、腰には鈍痛が・・
チャンス到来です。
その日はこんな時のために買ってあった真新しいG7を開封し、そして2粒摂ってその日はさっさと寝ました。

翌朝にはどうでしょう?
すっかり元通りになっています。
昨夜の感じでは、これはしばらく続くかな?と見込んでいたのですが見事裏切られました。
膝も腰も申し分なく快調です!

旧グルコサミンもかなり良かったですが、G7は間違いなくその上を行きますね。
膝や腰の修復力が早い!と思いました。

今度のグルコサミン“G7”には旧グルコサミンに入っていなかったものが入っています。
旧グルコサミンはグルコサミンとボスウェリアの相互作用で痛みを沈め傷んだ部分を修復してくれましたが、
G7はグルコサミンの他にオプティMSMと5-ロキシンという新成分がプラスされています。

オプティMSMはコンドロイチン(サメ由来)、ホウ素、マンガン、アミノ酸、ヒアルロン酸を特殊配合した成分で、
5-ロキシンは沈静作用があるといわれる植物“ボスウェリア”を高濃縮(約15倍)したものです。
その他にもビタミンCをたっぷり含んだアセロラ濃縮物、抗酸化物質のビオフラボノイドが含まれます。

G7の何が凄いかといいますと、
グルコサミンとオプティMSMと5-ロキシンの3つが入っていることです。
これらのほとんどが間接メンテナンス用のサプリとして単体で売られているものですから。
単体でも凄いのに、その凄いものが3つも入っているというのが凄すぎるわけです。
7日で治癒してもおかしくないわけですね。(元々G7の7は7日で治癒する臨床データによるものです)

とにかく間接に必要な栄養は全部入ってますよと言わんばかりの間接材料フルキットのようなサプリです。
しかも治してくれるだけでなく、痛みからも開放してくれるわけで、とても思いやりのあるサプリです。

一昔前までは、腰や間接の痛みは治らないものだと言われていました。(つい10年ほど前のことです)
なので病院で処方されるものは、湿布と痛み止めのみ。
死ぬまで腰と膝の痛みに付き合っていかなくてはならなかったわけです。

それが今ではどうでしょう?
サプリを摂るだけで、
しかも7日で、
治癒してしまうと。

これってかなり凄い進歩だと思いますよ。

もし十数年前にタイムスリップして、「7日で治る」なんて言ったらきっとキチガイ扱いされたでしょうね。

この記事が少しでも参考になりましたらクリックをお願いします!
人気blogランキングへ

5-ロキシンの記事

|

« 乳液として?ファンデとして? | トップページ | バイオリズムが下がってきたら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69370/44477674

この記事へのトラックバック一覧です: 膝と腰に 新G7の威力!:

« 乳液として?ファンデとして? | トップページ | バイオリズムが下がってきたら »