« 手足にAHAを塗ると? | トップページ | アボカドオイルの柔肌効果 »

2008/12/03

ガーリックで新種インフルエンザ対策

Ghcf_081206
一昨日、母が喉が痛いと言い出しまして・・
喉が痛いというか、喉がイガらっぽく喉が突っかかるような感じだというのです。

私はすぐさま母にうがいをするようすすめ、エキナセアドリンク(エキナセアを水で希釈したもの)を飲ませました。
その後はケロっとしていたので、多分治ってしまったのでしょう。

人気ブログランキングへ

しかし、今度は私が・・
しっかりうつされてしまいました。。
母と全く同じ現象です。
いえ、ちょっと熱っぽい感じも。。

恐らくこれが今年のインフルエンザの初期症状なのではないかと。

実は私、毎年誰よりも早くインフルエンザにかかります。
そして誰よりも早く治ります。
いつも元気そのものなのですが、それは風邪をひかないのではなく、しっかり掛かるのですが、すぐに治ってしまうのでかかっていないも同じという感じです。

昨日のパターンは、私もすぐさまうがいをし、エキナセアスプレーを喉に6回ほど噴射。
後は、おかゆを食べ、ガーリックを3粒摂ってすぐにふとんに入りました。
目が覚めた時は、普段より体が妙にスッキリでした。

たまには体をしっかり休めなくてはいけませんよね。

おかゆ+ガーリックは、私の早カゼ治しの定番です。
ガーリックの成分、アリシンには発汗作用とともに代謝作用を高めてくれたり、ビタミンB1と共に消化を助けてくれたり、そしてもうひとつの成分アリインには抗生物質以上の殺菌パワーがあることで知られていますから、おかゆと同時摂取することによって、体が妙にポカポカし、その後嘘のように体がスッキリするのです。

因みに抗生物質の場合、確かによく効きますが、毎年も同じように効くとは限りません。
なにしろウイルスはどんどん変化(進化)していきますから。
ところがガーリックの殺菌力は、風邪(インフルエンザ)のウイルスの種類問わず常に同じようなパワーは発揮してくれるから重宝します。

ということで、風邪・インフルエンザの季節は、イザというときのためにエキナセアとガーリックを常備しておきたいものです。

この記事が少しでも参考になりましたらクリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« 手足にAHAを塗ると? | トップページ | アボカドオイルの柔肌効果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手足にAHAを塗ると? | トップページ | アボカドオイルの柔肌効果 »