« へそのごまがアッサリと・・ | トップページ | かゆみにエキナセア »

2008/09/06

ベーシックか?アンチエイジングか?

現在、私が使っているブランドの基礎化粧品は2通りあります。
ひとつはベーシックタイプのEST(エッセン***)
もうひとつはアンチエイジング専用のTDA(タイム********)

人気ブログランキングへ

使い比べてみると解るのですが、同じブランドとは思えないほど、使い心地も仕上がりも全く違います。
性格がぜんぜん違うのですね。

私的には歳も歳ですし、それに使い心地からしてTDAの方がだんぜん好きなのですが、
ESTの値段もかなり魅力的です。
というかこれでもか!というぐらい栄養がたっぷり入っているのに3本セットで定価50ドルしないのですから。
レベル的には国内の2万円代の基礎セットに匹敵するか、又はそれ以上でしょう。

が、です。
ESTはハッキリ申し上げて使いこなしが難しいです。
どちらかというとプロの現場で使うものという感じです。
日本製品に使い慣れている人がそのままの感覚で使うと、恐らく十分に成果を感じられず、よくないものとしてガッカリしてしまうのがオチかもしれません。

ESTは決して人には合わせてくれません。
ESTを使いこなしたかったらESTに合わせるしかないのです。
それに、普段みられない現象が出てもそれはすべてプラスととるべきです。

例えば、いきなりピリピリしたとします。
それは化粧品の栄養に肌がついていってないということです。
この場合は、新鮮なフルーツやサプリなどを摂って肌のコンディションを中から整えなくてはいけません。
一見これは面倒なことのようですが、体や肌のことを考えたら進んでやったほうがいいことであることはお解かりいただけると思います。

又、乳液をつけたとたんに、いきなり白いカスのようなものがぽろぽろと出てきたとします。
普通なら、この乳液はおかしいと解釈するでしょう。
いいえ、違います。
これは肌に栄養が入ったことで、一気に古い角質が剥がれているのです。
その証拠に翌朝顔を洗うと肌が見違えるほど若返っていることに気づくでしょう。

とにかく肌になんらかの反応が出たら、それは自分自身がなにかをしなくてはいけないサインなのです。
使いこなしが難しい製品とはこういうものなのです。

すんなり乗ることができる大人しいロバにまたがることから考えると
荒馬にまたがるのは至難の技かしれませんが、乗りこなせばすごいスピードで走ってくれます。

これを基礎化粧品に例えるとどちらが売れると思うでしょう?
危険なものは売れませんよね?

一方TDSの方は実に付け心地がマイルドです。
極端に言うと、かなりデタラメな使い方をしてもしっくり仕上がってくれます。
荒馬に乗っていた私にとってはかなり物足りなさを感じてしまいましたが、要するにマニュアル車からオートマ車に乗り換えたような気分です。
とにかく肌につけさえすれば、あとは勝手にやってくれるという感じです。
ちゃんと時間を計算しながら、丸一日美肌が持続するようオートでやってくれるわけですね。

どうでしょう?
経験のある方ならお解かりいただけると思いますが、マニュアル車からオートマ車に乗り換えた時って物足りない感じがしますよね?
が、一度オートマ車に乗りなれてしまうとマニュアル車には戻れません。
しかもそれがとても乗り心地が良く、坂道もスイスイ登り、加速もいいのだとしたら、いうことありませんよね?
TDSはまさにそんな感じです。

因みにTDAはつけて肌がいきなりピリピリしたりすることはほとんどありません。
栄養価はEST以上に高いのですが、時間をかけてゆっくりと栄養が肌に馴染んでいくように出来ています。

かなり回りくどい言い方になってしまいましたが、
まとめますと・・・

ESTは使いこなしが難しいが、その分即効性があります。持続性はTDAより劣り、手間を掛けることによって肌をそれなりに若返らせることができます。値段は3点セットで50ドル弱とかなり安価。
TDAは使い勝手が非常に簡単で、美肌効果が驚くほど持続。紫外線や活性酸素対策も万全で、使い続けることで肌を積極的に若返らせることができます。値段は4点セット200ドル弱とやや高価。

年齢でいうと、25歳まではEST、26歳からはTDAがいいでしょう。
25歳までに肌で分泌されていたものを、26歳以降は外から補うという風に解釈すると解り易いと思います。

まだまだお話したいことは山のようにありますが、ひとまず今回はこの辺で。

この記事が少しでも参考になりましたらクリックをお願いします!
人気blogランキングへ

|

« へそのごまがアッサリと・・ | トップページ | かゆみにエキナセア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« へそのごまがアッサリと・・ | トップページ | かゆみにエキナセア »