« CGでノーマスク | トップページ | 飲むなら摂ろうミルクシスル »

2008/03/03

3つの成分で花粉ノックアウト

Fig_cg2
先ほど部屋の整理をしていたら非常に興味深い資料をみつけました。
例によって花粉症対策サプリCGなのですが、このサプリは3つの主成分から成ることは何度かお話しました。
おもしろいのはそのひとつひとつの花粉に対する有効性を調べてグラフ化していることです。

グラフの縦の軸は、product effectiveness on nasal discomfort
即ち「鼻の不快感に対する製品の有効性」ということになります。
この数値が高ければ高いほど花粉症の症状の不快感が軽減するということですね。

左から・・

成分“A” コセンダングサ 3.8%
成分“B” シナモンエキス 16.4%
成分“C” アセロラ濃縮物 31.2%
A+B+C 理論上の結果 51.4%
A+B+C 実際の結果 97.7%

ということです。
1+1=2ではなく、それ以上の結果(約2倍)だったということです。

凄いですね。

それぞれ単体なら期待できる成果はほとんどないに等しいのに、この3つが合わさると花粉に対する強力な有効性が発揮されたということです。

私が驚くのはどうやってこの3つを合わせることを発見したか?ということです。
それこそ何千回何万回と様々な成分を掛け合わせて試してみたのか、
それとも今までの豊富な経験からの勘だったのか・・

ともかく、お陰で天然のものでありながら不快な花粉症から開放される素晴らしいハーブのできあがりということです。

いつも言いますが、
どの成分も単体ではほとんど期待できる力は発揮できないんですよね。
ビタミンCにしろ単体でほとんどパワーを発揮できないですから。

どの成分とどれだけくっつくか?
それによって大きく異なってくるということです。

やはり大事なのはバランスなのですね。

ところで、この花粉に対してとても頼もしいCGですが、30日分でも定価で20ドルしない安さなんですよね。

抗アレルギー剤はとても高価な上に副作用が強く、いつもこの時期は飲もうかどうしようか迷ったものですが、
CGなら何も考えずに安心して摂ることができます。

東京はこれから花粉のピークを迎えますが、すんなり乗り切れるようしっかり対策したいものです。

この記事が少しでも参考になりましたら是非投票クリックをお願いします!⇒ 人気blogランキングへ

|

« CGでノーマスク | トップページ | 飲むなら摂ろうミルクシスル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CGでノーマスク | トップページ | 飲むなら摂ろうミルクシスル »