« 悪酔いしないぞ | トップページ | 今年は暖冬?! »

2005/12/20

ポスターに耐えられる美を

irs_spa
昨夜は明方までアメリカに長電話をしていたので、スキンケアをすることもなくそのままバタンキューしてしまいました。。
実は昨夜だけではなくその前もそうです。

が、私の肌は間違いなく若返ったしこの結果を早く誰かに見せたくてウズウズしています。
結局現在のところIRS連続使用は3日。
本当は14日間連続使用が一番良い結果が得られるのですが。

ただこの時点で解ったことはIRSが3度目になると、その若返りスピードが格段アップすることはハッキリしました。

話はそれるようですが・・
先日ようやくデジカメを買いました。
かなり期待していたのですが性能はイマイチ・・
どうやら期待が大きすぎたようです。
画素数は500万画素ですから申し分ないのですが、画像がなんとなく白っぽくなることとシャープさに欠けることが気になります。
もっと性能の良いものに交換してもらおうとも思いましたが、まあこのサイズにしては動画も長時間撮れるので今回はこのまま使うことに。

ただ今回のことで解ったことはカメラの性能は画素数ではなくレンズとプロセッサのクオリティに依存するということでしょうか。
肝心なこの2点があまり謳われていないのです。
特にポスターなどにするのでなければ画素数は大きくなくとも300万画素ほどあれば十分だと思うし、それよりもレンズにお金を掛けてほしいなあ~というのが本音です。

こんなことはよくあることで、化粧品でも同じだと思います。
例えば、「AHA配合」「ヒアルロン酸配合」「コラーゲン配合」などと大きく謳われている商品は数多くあるようですが、
実際はどうでしょう?
私の周りでこれらによって見違えるほど変化した人を知りません。
まあ、この決定的な理由があるのですが、残念ながらここでお話することはできません。

実は私がこのブランドの化粧品にこだわるのは、先程述べた国内製品の美容液クラスの成分が化粧水や乳液に入ってしまっているからです。
きっとこの手に詳しい人は腰を抜かすほどビックリされる事でしょう。
しかもそれらの値段はこれらの成分を配合している美容液からすれば1/3以下といった感じでしょうか?
私はこのことに気づいたときは、まずなぜこれほどのものがふんだんに入っているのに、こんなに安く出来るのか?という疑問です。
それは国土の広さを比較してみればすぐに答えは見つかりました。

デジカメとは違いますが、私がこのブランドを選ぶ理由は実に簡単です。
日本では考えられない驚くほどゴージャスな成分がふんだんに盛り込まれているにも関わらず、とんでもなく安いからです。
そして極めつけは、これら贅沢処方のスキンケアを上手に使いこなすことで常識では考えられないスピードで肌がキレイになり、しかも想像以上の結果をもたらしてくれます。
すでに6年使っている私はこのことに関しては絶対的な自信があります。

但し、何度も言うようですが、初心者がいきなり高性能カメラを買ったところで、プロのような写真を撮ることができないように、化粧品でもそれは同じです。
私の経験で言えば、何のアドバイスもなく自力でうまく使いこなせる人は100人中1人もいないでしょう。
まず輸入元のアメリカでもこれらの価値に気づいている人に出会ったことがありません。

私の想像ではこの製品の本当の凄さを知っているのは作った科学者と長年使っている愛用者だけなのではないかと思います。
もちろんメーカーのカスタマーサポートのおばちゃんに聞いても知るわけがないでしょう。
今までに私がこれら製品の事を話して同レベルで盛り上がったためしがありませんから。

又、使用法に関してオフィシャルサイトの製品詳細ページを見ても簡単な使い方しか書いてないです。(しかも英語ですし)
結局は上手に使いこなしている人に聞くのが一番確実だと思うのです。

私がこのブランドの凄さに気づけたのは私のパートナーのお陰です。
最初私はかなりデタラメな使い方をしていましたし、もちろん結果もそれなりでした。
当時パートナーは私の使い方に不満があるようでしたが、私はそのことを聞く余裕もなかったように思います。

が、今ではかなり極めてきていると自負しています。
いえ、正確にいえば日々その凄さを実感しているという感じでしょうか。

800万画素でとった写真なら大きく引き伸ばしても画質が乱れることなくきれいに再現されるでしょう。
しかしそんな高画質で撮ったら粗も目立ってしまいます。。

人間というのはおもしろいもので見たくないものは見えなくなるようですが、気になりだすとどんどん気になります。
その時こそがチャンスなのではないでしょうか?
鏡を見つめじっくり眺めると様々な粗が目立ってきます。
しかしこれらを改善することが出来る化粧品がどれほど世の中にあるでしょう?
少なくとも私はこのブランド品は最終的に期待に応えてくれるものだと思いますし、どんなに画像を引き伸ばしても、ため息が出るほどの美を達成できると信じています。

私の目標はこれらをつくった科学者の夢を叶えることでしょうか。
一流の人が作った製品は一流の使い方をしてこそ100%発揮できるものだと思います。

なんだかおもしろくなってきました。

もしこの内容が少しでも参考になりましたらブログランキング投票よろしくお願いします。

アキュア

|

« 悪酔いしないぞ | トップページ | 今年は暖冬?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69370/7716342

この記事へのトラックバック一覧です: ポスターに耐えられる美を:

« 悪酔いしないぞ | トップページ | 今年は暖冬?! »