« 美肌クッキーつくります2 | トップページ | 美肌クッキーつくります4 »

2005/12/15

美肌クッキーつくります3

前回の続きです。
今回はDNAを再生させることの意味をお話したいと思います。(なんだかすっかり語っております・・)

キレイな肌細胞をクッキーに例えるとわかりやすいです。
カタチもキレイなおいしいクッキーを作ろうと思えば、材料選びももちろん大事ですが、各材料の分量、水の量、クッキーの型、そしてどれぐらいの時間焼くか?というのが重要になってくるかと思います。
もちろんクッキーの型が凹んでいて歪な形になっていれば、どれだけ焼きなおしても歪な形になってしまいます。
この型が要するにDNAです。
だからどんなにいい原料を使ってもDNAが壊れていたら、おいしいクッキーは出来ても、きれいな形にはなりません。

結局老化してしまった肌は老化しっぱなしということになります。
しかしこれは一昨年までの常識で、今やDNAを再生させる技術が発見されましたから、この根本的な原因から美肌作りが出来るようになったということです。

因みにDNAが壊れる原因ワースト1は紫外線です。
日光浴が良かったのはすでに過去のお話。
今ではオゾン層の破壊によって今まで遮断されていた有害な紫外線が地に降り注いでいます。
これを浴びるとどんどんDNAが破壊され老化に拍車が掛かるということです。

次に薬品類です。
現在巷に溢れている化粧品は本当に大丈夫なのでしょうか?
もしこれら化粧品に有害な科学薬品が含まれていると、DNAを破壊する可能性が出てきます。
キレイになろうと思って使っているはずの化粧品がDNAを破壊し老化を早めてしまうなんて、信じたくもない事実だと思います。
しかしこのことは徐々に世に知れ渡ってきているようです。

しかし今やDNAを再生するエッセンスがこの世にあるのですから心配はいりません。
1本100万円もするなら考えものですが、実際はその50分の1ぐらいの値段という感じでしょうか。
まあとにかく壊れてしまったものはさっさと修繕してしまった方が懸命ということになりそうです。
とはいうもののこの手のまがい物も数多く出回っているようですから周りの意見を聞かずにすぐに手を出してしまうのはどうかと思います。

次に大事なことは原料です。
美肌の原料は大雑把に言えば、プロテインとビタミンCと水です。
この美肌レベルはこれら原料の質に比例します。(当たり前ですが)
良い原料を使えばおいしいクッキーが焼きあがるし、悪い原料を使えば味も素っ気もないクッキーになってしまうでしょう。
もちろん水はなにがなんでもキレイな水でなければなりません。

先程お話したIRSを加えたスキンケアをした後、これらの原料を摂って寝ると間違いなく翌朝信じられないような結果を見ることが出来るはずです。
もしそうでない場合はどこかの工程で間違いがあるはずです。

ということでスッカリ長編になってしまいましたが、次は美肌クッキーの作り方レシピを公開したいと思います。

もしこの内容が少しでも参考になりましたらブログランキング投票よろしくお願いします。

アキュア

|

« 美肌クッキーつくります2 | トップページ | 美肌クッキーつくります4 »

コメント

まだむです。コメントありがとうございました。指先の注射も痛いですが、足の指への注射も想像できないくらい痛そうですね。お互い気をつけましょうね。
アキュアさんの研究心はすごいですね。。まだむももう少し肌へのケアをしなくてはと思います。そしてフォト集も素敵です。これからもよろしくお願いします。

投稿: まだむ | 2005/12/17 07:29

>まだむさん
こちらにもお越しいただきありがとうございます。そうですね。指先は今後お互いにということで。(笑)それに研究熱心と言っていただきありがとうございます。どうも私の場合は製品に対しての執着心が強いようで・・まあ要するに暇なんですよね。(汗)写真は撮るのが好きでキレイなものを見るとつい撮りたくなります。こちらこそ今後とも宜どうぞしくお付き合いください。

投稿: アキュア | 2005/12/18 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69370/7654368

この記事へのトラックバック一覧です: 美肌クッキーつくります3:

« 美肌クッキーつくります2 | トップページ | 美肌クッキーつくります4 »