« やっぱりすごいよクリア○ウ | トップページ | 血液サラサラ作戦 »

2005/11/07

私の顔の上の消しゴム3

fig_de3
前回の続きです。
初めての方は1から順にお読み下さい。

 

さてさて、前回、肌の断面図をスケッチしたところまで行きましたが、この絵を書きながら気付いたことは、ダーマ○レースは筋肉に何かしらの影響を与えているように思えます。
上図を見ていただけれお解りいただけるかと思いますが、小じわの原因は表皮だけではなく、真皮、皮下組織、更に筋肉にまで影響を及ぼしているようです。
確かに表皮だけのシワなら水分補給等でも十分に修正することが出来そうです。

が、年月と共に小じわの形が奥にまで影響していき、そして筋肉もシワの形に形成されてしまう。いわゆる上からの簡単な処置では簡単には消えないということになっているようです。
なんと申しましょうか・・衣類などで例えるとシワの状態のままプレス加工されてしまったような状態といいましょうか・・
とにかくどんなに躍起になって小じわを消そうとしても筋肉がその形を維持している限り、焼け石に水のようです。

ところで筋肉で思い出しましたが、ボトックスがそうでした。
ボツリヌス菌を注射することによって一時的に筋肉を麻痺させシワを消してしまうというものです。
確かに効果はそれなりのものらしいですが、費用がとても掛かりますし、しかもこの菌はベトナム戦争でも使われた有名な菌です。(これ以上は控えさせて頂きます)
ひとまずこれによるトラブルは耳に入ってきませんし、これからも安全であることを願いたいです。

とりあえずここまででなんとなく解ったことが筋肉を緩めることはそう難しくないと思えることです。
しかし注射器を使用せずに筋肉を緩和させる成分をそこまで到達させことが難しいように思います。
ご存知の方も多いかと思いますが、人間の皮膚には水をシャットアウトするためのバリアゾーンがあります。
もし人間にこのバリアゾーンがなければお風呂で水ぶくれになってしまうことになります。
手と足の裏はバリアゾーンがないですから長風呂しているとふやけてきますよね?

ともかく注射器なしで筋肉に有効成分を到達させるためには水分をシャットアウトするバリアゾーンをなんとか潜り抜けなければなりません。
私の推測ではこれは天然物でなければ無理だと考えます。
なぜなら人間の肌はとても精巧に出来ていて、体に有害だと思われるものは体内に取り込まないようになっているといわれるからです。
また粒子がかなり細かくなければやはり筋肉に到達することは無理でしょう。

いずれもこのダーマ○レースは筆でなぞるだけで小じわを消してしまうわけで、パッティングもしなければ、マッサージもしません。
ちょっと考え難いことですが、実際に塗ってみて浸透していく感覚は十分にあります。
しかしまさかその成分が筋肉まで到達しているとは。。
なぜなら筋肉まで到達することが出来るのなら今後肌をどのようにもで出来るようになるということなのですから。

なんだか夏休みの自由研究レポートのようで非常におもしろくなってきましたが、果たして私はこのDEマジックの秘密を解明することができるのでしょうか?!

しかし・・・
私ってかなり暇人かも・・です。(次回に続く)

アキュア

*****

もしこの内容を気に入って頂けましたらブログランキング投票よろしくお願いします。

|

« やっぱりすごいよクリア○ウ | トップページ | 血液サラサラ作戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69370/6947805

この記事へのトラックバック一覧です: 私の顔の上の消しゴム3:

« やっぱりすごいよクリア○ウ | トップページ | 血液サラサラ作戦 »