« 今日から英語の座学 | トップページ | シワ消しを5倍楽しむ »

2005/10/04

間違いだらけの使用法

AブランドUSA版についてですが、時折思うような結果が出ないという方が稀にいらっしゃるようです。
因みに私も最初はそうでした。
しかしある時その使用法が全くもって間違いだらけであることに気付きました。
私の間違いは以下の通りです。

-同ブランド同シリーズではなく別シリーズ(国内品)のものを併用していた。
-水分補給を手でパッティングしていた。
-水分補給がぜんぜん足りなかった。
-乳液の量がぜんぜん足りなかった。
-栄養補給を怠った。

ではどうしてこのような間違いをしてしまったのでしょう?
それは今まで使っていたものがそれなりの品質だったので、入念にやっても簡単にやってもさほど変化がみられなかったからだと思います。
だから気休め程度にしていたという感じでしょうか。

ところがAブランドUSA版については、それらの常識を覆すようなクオリティーでした。
いえ、実際にはその驚くようなクオリティーに気付いたのは正しい使い方をした時です。
私の経験でいえば正しく使った場合の結果が仮に100%とすると、間違った使い方をした場合の結果は10%程度か、又はコンディションによってはマイナス結果になる場合もありました。
同じ化粧品なのに、なんと100%以上の違いがあるのです。
普通ならこんなことは考えられないことかと思います。

ところでこれだけ結果が違うとなると、入念にマッサージ&パッティングしたとか、美顔器等の美容器具を使用したとか、蒸しタオルを使ったとか・・
きっとそんな風に想像されるのではないでしょうか?
しかしこれらのことは一切必要ありません。
実際に必用なものは手とコットンがあれば十分です。

又はこう思う方もいらっしゃるでしょう。
パッティングに時間を掛けたのでは?と。
これも違います。
いえ、実際にはパッティングなど決してしてはいけないのです。
強いパッティングは肌の組織を破壊し、シワなどの原因になってしまいます。
勇気のある方は顔の右半分に強めのパッティングをし、左半分はコットンを使って馴染ませるということをやってみられれば結果は明らかでしょう。

私がこのブランドを使い始めて解ったことはパッティングしなければ肌に浸透しない化粧水は決して優れた化粧水とはいえないということです。

ところで私は以前日本で販売されている化粧品でもかなりクオリティーの高いものを使っていました。
値段もそれなりにします。(美容液なら1万円程度のもの)
しかし今はその半分、それ以下の価格帯で、結果は300%以上です。
このパーセントが大袈裟かどうかは以下の比較対象を参考にしてもらえればと思います。(あくまでも私の実感レベルです)

-美肌が得られるまでのスピード: 約2ヶ月→数分
-美白が得られるまでのスピード: 約2ヶ月→即時
-化粧水の浸透力: コットン1枚分→コットン3枚分
-化粧水が浸透するまでのスピード: 約10分(パッティング)→即時(コットン使用)
-乳液の浸透力: 小豆大→さくらんぼ大
-乳液が浸透するまでのスピード: 8時間以上→即時

まだまだありますが、これだけでも十分かと思います。

とにかくパワーとスピードがはるかに違います。
そしてパッティングなしで、ただ肌にのせるだけでこれらが勝手に肌に入っていきます。(蒸発しているのではありません)
その結果どうなるか?
水分、栄養を与えた分だけ肌はみずみずしさ、柔らかさ(赤ちゃんのような肌)、弾力(もちもちっとした感触)、滑らかさ(すべすべした感触)を実現させてくれます。

ところが中にはなかなかこのような結果に至らない方も稀にいらっしゃるようです。
それはまだ肌が作られていないということですから、この場合サプリメントでしっかり栄養補給し、睡眠時間をなるべくとってまずは体質を変えることが大事です。
続けていればこれらの化粧品をすんなり受け入れる肌に変わっていきます。

なかなかこの場だけでは語りつくせませんが、
ひとまずここまでの内容で使い方を簡単にまとめてみたいと思います。

-洗顔は2分掛けてやさしくマッサージ(ゴシゴシしない!)
-決して手で泡立てない(脂性肌用は例外)
-水分補給は必ずコットンを使用し、10分掛けて(肌に水分が吸収される間は入らなくなるまで続ける)
-全工程においてパッティングは決してしてはならない
-美容液は使用した量に比例して結果も良くなります。但し肌がまだ作られていない期間に大量に使用するとその分刺激が強くなります。
-美容液は肌に塗るだけにとどめる(パッティングしなくとも自動的に浸透します)
-目につけるのはアイクリームだけにとどめる(乳液も目に使用してはいけない)
-乳液を肌のコンディションに応じてなるべくたっぷりつける(肌の油分保持レベルに合わせて)
-サプリメントでの栄養補給を積極的に行う*プロテイン、ビタミン、ミネラル、乳酸菌等(結果が大きく違います)
-睡眠時間を十分とる

以上ですが、これはあくまでもAブランドUSA版の使い方&注意点です。
国内で市販されているものは該当しませんので念のため。

とにかくこのブランド製品はとてもわがままです。
決して自分には合わせてくれません。
だから正しい使い方をした人だけに大きな特典が得られるというものだと思います。

又、肌が弱い方は必ずデリケートタイプからスタートしなくてはならないことはいうまでもありません。
これは低刺激性の化粧品とは異なり、あくまでも栄養価の高い化粧品にスムーズに移行するためのアイテムです。
英会話で言えば初級クラスという感じでしょうか。
いきなり栄養価の高いリッチタイプを使用してもヒリヒリするだけできっと長続きしないでしょう。

とにかく正しく使えば信じられないような変化が起きます。
きちんと使ってしっかり結果を出したい方はどうぞ私に相談してください。(男女問わず歓迎です)

ということで久しぶりにスキンケアについて熱く語らせていただきました。

アキュア

*****

この記事が参考になりましたらブログランキング投票よろしくお願いします。

|

« 今日から英語の座学 | トップページ | シワ消しを5倍楽しむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69370/6266154

この記事へのトラックバック一覧です: 間違いだらけの使用法:

« 今日から英語の座学 | トップページ | シワ消しを5倍楽しむ »