« なにやらとんでもないモノかもしれない | トップページ | 一難去って »

2005/08/02

金だわしへのこだわり

sb
7月とはうって変わって8月に入ってから時間的なゆとりが出来たのか、なんだか私はいろんなところをきれいにしたくなってきました。
そこで一番目についたのがレンジにこびりついた油コゲ。
よし!これを落としてやるぞと思いきや、前回のブログでもお話した通り、ダイニングにお客様がいらしていたのでその時期を見合わせることに。

しばらくしてから温かいコーヒーが飲みたくなったのでキッチンに行ったら誰もいなかったので、よし、今だ!と思い、すぐさまSBなるものを取り出し、ガシガシ磨き始めました。

この金だわしを愛用し始めてかれこれ10年になりましょうか。
とにかくこれほど素晴らしい金だわしはありません。
私が惚れ込む理由は、いろいろありますが、まず・・
丈夫、錆びない、長持ちする、型崩れしにくい、傷をつけない、などなど。

このSBですが、まず1本のステンレススチールでできています。
最初、この手の金だわしを店で始めて見たときは何かの金属の削りカスだと思いました。
実際どんないきさつであのようなものが世に出回り始めたのかは知りませんが、まあ、亀の子だわしよりはよく落ちるかな?という程度でした。
確かに亀の子だわしで鍋のコゲを落すのはかなり難しいものがあります。

しかし、使っていると形がぐじゃぐじゃになり、とても美しいとはいえないものに変貌していきます。
どんなにきれいなキッチンでもあのぐじゃぐじゃがあると台無しといいたくなるほど、あれはいけません。
しかしそれに代わるものがなかったのですから仕方ありません。

私がこのSBを使うキッカケになったのはすでに使っている人から、これは1本で出来ていて、しかも280メートルあるんだよと説明された時からです。
しかもその長さはだいたいエッフェル塔と同じぐらいなんだよと聞き、なんだかその話だけで私は興味津々に。
冷静に考えてみればエッフェル塔と同じ長さだからといって、それが汚れを落すこととなんの関係が?という疑問が沸いてきそうですが、まあそんなことはいいです。
とにかく使ってみて良ければいいのですから。

それにある日、女性が履くストッキングの上から擦っても伝線しないということを聞き、本当かなあ~と思いながらも、その話をしてくれた女性はストッキングを履いていなかったので残念ながらその実験を見ることができなかったのですが、その後そういう機会に恵まれ実際に見た時はかなりびっくりしました。
が、しかしストッキングが伝線しないからといって私にどんな関係が・・
まさか金だわしでストッキングをガシガシ洗うわけでもないですし。。

まあ余談ばかりになりましたが、とにかく実際に現場で使ってみて良ければOKということです。
私がこの金だわしの本当の凄さを実感したのは洗剤やクレンザー類を一切使わないで、いろんなところを磨いてみてからです。
ステンレス器具だけでなく、タイルやバスタブ、それに水道の蛇口、それにピータイル・・
それまでの金だわしに対する私の思い込みは、金だわし=傷がつく というイメージです。
しかし力の入れ具合を加減すれば様々なものを傷をつけずにきれいにできることを発見しました。
あと、きれいなビンを取っておきたいとき、ラベルを剥がすのがいとも簡単にできてしまいます。

そんなこんなでこの金だわしに対する思い入れが大きくなるばかり。

だから今回もこのレンジの油コゲを洗剤やクレンザーを使わないでどこまできれいにできるかやってみたくなったのです。
それが以下の通りです。

磨いていないレンジ
stove2

磨いた後のレンジ
stove1

ピカピカとまではいきませんが、油コゲはきれいにおちました。
もちろん傷はついていません。
それに磨いたほうが磨いていないレンジより使用頻度が高いので実際は写真の倍以上汚れていました。

あえていいますが、それまでに使っていた金だわしは汚れを落としていたのではなく素材もろとも削り落としていたという感じです。
しかしこのSBは素材を傷めず汚れだけを落すことができます。
これが私の中ではとても画期的というか、磨くことの楽しさを教えてくれるという感じです。

ちなみに水をつけながらというのがコツです。
何もつけないで力いっぱいやると素材によってはやはり多少なりとも傷になります。

あと、このSBは1箱に4個入ってますが、使い方にもよりますが1個でもゆうに1年はもちます。
ということは1回買えば4年持つということになりますが、私の場合は1個ではサイズ的に小さいので、1個の真中を開きその中にもう1個挟みこみ大きな1個にします。
なにしろ1本のスチールで出来ていますから丁度ドーナツ状に巻いてあるといいましょうか。

それとこのSBお手入れ方法ですが、油汚れのものに使うと油がついて黒く汚れ、次に使うときに汚れ移りするので、この場合適当なビンに少量の洗剤を混ぜた半分ぐらい水にSBを入れ、キャップをしめてシャカシャカ振ります。
これで元のきれいな状態に戻ります。
とにかくこれはとても重宝します。

さーて、次は何を磨こうか?

アキュア

|

« なにやらとんでもないモノかもしれない | トップページ | 一難去って »

コメント

SBはほんとにいいですよね!とにかく長持ちするし、素材も手も傷つけないので私も原型をとどめなくなるまで1個を使い込みます。ごぼうの皮むきにもいいし、私は最後捨てる前はトイレみがきに使ってます!

投稿: nonnon | 2005/08/02 18:26

あ、ごぼうの皮むきですか?それはいいですね!そう考えるとまだまだ使い道がありそうですね。良い情報ありがとうございます。

投稿: アキュア | 2005/08/02 20:04

このブログを読んだら私も磨きたくなりガスレンジとステンレスの洗い桶をピカピカにしました!気持ち良いほどキレイになりましたよ!ちなみに我が家のSB最後の使い道はバーベキューの後の鉄板洗いです。

投稿: YUKO | 2005/08/02 20:21

確かにSBメチャメチャいいですよね!私は手荒れがひどくで市販の金タワシを使うと手が荒れて大変なことになっていましたが、SBは素手で使っても大丈夫。とっても重宝してます♪うちも最後はトイレ掃除に使います。

投稿: mihoko | 2005/08/02 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69370/5280732

この記事へのトラックバック一覧です: 金だわしへのこだわり:

« なにやらとんでもないモノかもしれない | トップページ | 一難去って »