« ソテーパンでご飯を炊く | トップページ | 金だわしへのこだわり »

2005/08/02

なにやらとんでもないモノかもしれない

さーて、やることもやったし時間が出来たのでブログでも書こうか・・と、話のネタ作りにキッチンのレンジでも磨こうかと思いきや、
ダイニングで新しくお隣に入られる方がオーナーとお話をされていたので、そそくさと退散してきました。
そりゃそうです。カナダに来られたばかりだというのに、すぐ隣でガシガシとレンジ磨きなどしたらとんだ無礼者です。

仕方がないので、これまで記念撮影した写真を見ながらおもしろいネタがないかと探しましたが、それよりも8月に入ったから新製品が出たのでは?と思い、オフィシャルサイトの新製品コーナーに行ってみましたら、なんとびっくりするほど新製品が増えているではないですか?
話のネタ探しどころかネタがあり過ぎてプレッシャーを感じてしまうほどです。

確かに科学博士が465人(公式サイトによる調べ)もいるこの会社では日々意欲的に製品開発が行われ、厳密かつ大規模な臨床テストで合格すればどんどん世に送り出されますから、私一人が一生懸命レポートしようとしても到底追いつくわけがないのです。
大体、こんなに一つの会社に科学者が集まってしまったら博士の人手不足になるのでは?と心配になってしまうほどです。
まあ、私の場合は開発する側ではなく、あくまでも東洋人として、そしてユーザーの立場で実際に使ってみてどうか?ということを楽しみながらやっておりますから、そんなものが少しでも皆様のお役に立てばと思います。

そして、ずらーっと並んだ新製品の中から最も真っ先に目が止まったのが、“ダーマ・イレース”というアイテム。
なぜすぐに目が止まったかといいますと、そのブランド名があの一晩でシワをしっかりトリートメントしてくれる私の中で絶大な信頼を置けるブランドだったからです。
そう、知る人ぞ知るタイ○ディファ○アンスです。

ところで、ダーマ・イレースってなんだ?とまずそこに興味が行きました。
辞書で調べて見ると・・
Derma=真皮
Erase=消す
?????
と、私の頭から?マークが100万個飛び出しました。

真皮を消す・・
どう考えても意味が解りません。

次にキャッチコピーを読んでみました。
Experience the first ***** product designed to combat the appearance of expression lines.

この文を私なりに解読すると・・
「表情線の見た目と格闘するようデザインされた某ブランド製品を初体験せよ」
となります。
すいません・・この程度の英語力です。。

なんだかちんぷんかんぷんになってきたので、一旦ここから離れることにします。

そう、私がこの会社と今まで付き合ってきて解ったことは、製品化されているものはドクターの処方箋がなくとも一般の人が手軽に使えるレベルまで引き下げられているということです。
しかし、それでも凄いです。
引き下げられていてもこれほどの変化をもたらしてくれる製品に出会ったことがありませんから。
それに、製品を使うたびにイチイチ病院に行って何時間も待たされ、そしてドクターの許可を得なくてはならないのだとしたら、とても面倒です。

例えば、クスリで言うなら副作用の強い劇薬に相当する薬品は薬局に行っても処方箋がなければ売ってもらえないということです。
まあ、逆にいえば、何かあった時にドクターのアドバイスを得ることができるのですから、そのほうが安心なのですが。

ところが私が日本で生まれて日本で育って40年、様々な製品を使ってきましたが、やはりアメリカのレベルは想像を絶するほど高いです。
「アメリカンプロダクツ=強い」というイメージがあるかと思いますが、まさにその通りで、使い方を誤るとトラブルの元になります。
その代わり正しく使うと驚くほどの成果が現れます。

とかく日本人は欧米人に比べ、繊細肌です。
これはとてもいいことです。
繊細の反対は鈍感だということですから、多少良くても悪くてもなかなか実感できないということもであります。
だから優れたアメリカ製品を繊細な日本人がうまく使いこなすことは、世界で最もその良さを実感でき、更に大きな結果を得られるということではないでしょうか?
なにしろ日本人はモノを使いこなすのが上手ですから。

話が脱線気味ですが、私が言いたかったことは、この会社はもうすでに夢のような未来製品がたくさん完成しているのではということです。
ただ、スピードを得ようとすればするほど危険が伴います。
人間の歩くスピードである時速4kmで壁にぶつかってもさほど痛くはないでしょうが、仮に時速100kmでぶつかったらどうなるかはご想像の通りです。
更に人工衛星は時速28,800kmという猛烈なスピードで飛んでいると言われますが、もしこのスピードに対しティッシュペーパー1枚がぶつかっても粉々に破壊されるといわれます。
ちょっとオーバーな例になりましたが、とにかくスピードが増すと危険が伴うということです。

だからこそ、危険性を最小限に、そして結果を最大限にすることを、この会社は努力しているような気がします。
そのことを立証付ける話はいくらかありますが、長くなるのであえて割愛しますが、
もし、シワを消しゴムで消せたらどうでしょう?

因みに私はドラえもん愛読者ですが、その中で自分の顔を一旦消しゴムで消して、そして新たにペンで書くことができる道具がありました。
まあドラえもんのデッサン力によってのび太の顔はとんでもないことになってしまいまいしたが・・
私はこれを読みながらケラケラ笑っていましたが、その半面なんだか恐くもなりました。
そりゃそうです。
いくら書き直しが何度でも出来るといっても親から授かった顔に戻せるようリセットすることは出来ないからです。
それに、こんなものあったらいいなあというより、こんなものあってはいけないと思ったし、それよりまずこんなことは無理だろうと。

が、私が思うに、こんなものあったらいいなあと思うのが、シワを消せる消しゴムです。
書くのはコスメグッズでいくらでもできます。
しかし、元からあるシワを即座に消すものはありません。

かなり遠回りな話しっぷりになりましたが、
今回発表された、ダーマ・イレーサーとこの私の夢が重なるわけです。

実際にコメントを読み進むと・・
without risky dermatological procedures
要するに皮膚に対する危険は除外したということが書かれています。
それにこうも付け加えられています。
Injection-free. Bo-toxin-free. Line-free.
説明欄を見ると、「ボツリヌス菌を注射する必要はない」ということが述べられています。(あくまでも私の解釈です)

そういえば思い出しました。
いつか聞いた話ですが、アメリカではおでこにボツリヌス菌を注射して、肌の老化を促進する分泌物を阻害することで若返りが実現すると・・(あくまでも私の記憶での話です)
しかし、このボツリヌス菌が他の部位に漏れると・・
ああ、考えただけで恐ろしいです。
要するにそういうリスクは全くないということが述べられているわけです。

形状は筆がついたペンタイプ。
この筆でシワをなぞると一体何が起きるのでしょう?

ああ、恐いというか、そんなことが本当に実現してしまうのか、なんだか本当に四次元ポケットから出てきそうな代物です。

この後も詳しく調べてみたいと思います。

アキュア

|

« ソテーパンでご飯を炊く | トップページ | 金だわしへのこだわり »

コメント

筆でシワをなぞると〜〜〜あーー考えただけでワクワクします!30代の私が20代の肌になる!早く使いたいですね!

投稿: YUKO | 2005/08/02 12:30

アキュアさんがドラえもんの愛読者だったと初めて知りました。・・ということはさておき、このメーカーのスキンケア製品をつかってすでに驚きまくっている私ですが、この新製品は誰よりも早く使いたいです!ここのショッピングモールはまさにドラえもんのポケットみたいですね!

投稿: nonnon | 2005/08/02 18:06

わっ凄そう!!アキュアさんのコメントを読んで、かなりこの商品に引きつけられています。
早く使いたい…そして実感したい…さらに若返りたい…。ちなみに私はone pieceのファンです。(^^)v

投稿: yoppii | 2005/08/02 19:27

なんだか凄く早い反応に私も驚いています。YUKOさん、nonnonさん、yoppiiさん、コメントありがとうございます。私も早くこれを使いたい!ちなみにドラえもんは毎晩寝る前に読んでいます。(汗)one pieceはおもしろいと聞きますがどんな風におもしろいのか是非聞かせてください。ああ、このままではマンガオタクになってしまう。。(泣)

投稿: アキュア | 2005/08/02 19:47

きゃ~ すごい製品が発売されるんですね。使うだけでシワが消えるなんて最高!早く実感したいです。ちなみに私は毎週金曜の夜、子供と一緒にドラエモン見てま~す。

投稿: mihoko | 2005/08/02 22:26

アキュアさん、こんにちは。休み時間中、このブログ拝見させて頂いてます!アメリカではボツリヌス菌を皺に注射する=Botox(ボトックス)が数年前から当たり前に行われており、Botox Partyが一時期流行っていた程でした。これはPartyに医者を招いて希望者が次から次へと注射をしてもらうというものなんですが、それ程、有名な皺消し、イヤ、皺”止め”方法です。Botoxは皺を永遠に消してくれるものでは無いんですね。菌によりその部分を麻痺して伸ばすだけらしいです。なので状態に応じて繰り返し注射が必要とか。そして今、Botox注射なんかしなくても効果が期待できるという謳い文句の化粧品が氾濫してきています。きっとこの会社の物ですから効果の程は凄いでしょうね。しかも安心して使えるというのが嬉しいですよね。楽しみです!

投稿: Etsuko I. | 2005/08/03 04:14

Etsukoさん> 意外な情報にびっくりです。パーティーというのも驚きですが、注射し続けなくてはならないなんて・・ その後調べたらボツリヌス菌は合衆国が第二次大戦中に生物兵器として生産していたものなんですね。やはり麻痺させるということは恐ろしいです。ダーマイレースは処方箋なしで同等の成果が得られるようなコメントがありましたが、この処方に対して既に特許を取得しているところからかなりの自信作とみました。
mihokoさん> 同じドラえもんファンとのこと嬉しいです。DIに関して私のテンションはピークに達しそうなのでひとまずこれから予約します。

投稿: アキュア | 2005/08/03 04:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69370/5275520

この記事へのトラックバック一覧です: なにやらとんでもないモノかもしれない:

» この休日は。。。 [ひまわりの贈り物]
昨日、お友達のNちゃんが遊びに来ました。 彼女はPCを持っていないので、私のPC... [続きを読む]

受信: 2005/08/07 23:08

« ソテーパンでご飯を炊く | トップページ | 金だわしへのこだわり »