« 慌ててオーダー | トップページ | オイルショック2 »

2005/07/29

オイルショック!

edho3
久しぶりに眠気の吹っ飛ぶようなプロダクツに出くわしました。
その名もエクストラ・ドライ・ハイドレーション・オイル(以下EDHO“イーディーホー”と発音することにします)
以前のブログにも発売前にこの製品に関して書きましたが、その後時間の経過と共に私の興味レベルはほとんどゼロに。
そもそも男の子である私にとって、「オイル=ギトギト」というイメージが拭い切れないからです。
このブランドの製品を心底信用し、そして5年以上愛用している私でも、です。

それでなくともこのブランドの乳液やナイトクリームの保湿力はかなりのものだったのに、どうして更にそれに油分を加える必要があるのか?と。
しかし、それは私のガサガサの肘に塗った瞬間180度思い込みが消え失せました。
いえ、実際には塗った瞬間から感動で鳥肌が立ったほどです。

なぜ、そんなに感動したかといいますと、
まず、浸透性が驚くほど凄いということです。
「オイル=ギトギト」という既成概念がこの時点で見事に打ち砕かれました。
次にガサガサの肘が塗った瞬間からみるみる潤い出して、先ほどまでの醜いガサガサゴワゴワ肘は過去のものになりました。
更に、このオイルはすぐに自分の肌の栄養となるかのごとく、以前から私の肘はとても潤っていたという錯覚を起こすほどです。

ハッキリ申し上げます。
私はこの手の保湿剤に今まで出くわしたことがないし、これほど瞬間的に自然な潤った肌を作ってくれるものは見たことも聞いたこともありません。
いえ、他メーカーでは決して作れない作品でしょう。
これは私の中では凄いとか、感動とか、そういうレベルではなく大事件です。
オイルショックです。
即席保湿剤とでもいいましょうか、インスタントモイスチャライザーとでもいいましょうか。

ここでこれがオイルである意味が解りました。
いえ、オイルと言ってもサラダオイルとか、そういうものではなく肌のための肌そのものになるオイルとでもいいましょうか。
ちなみに手にサラダオイルとか付いた場合、浸透せずにいつまでの手の上でギトギトしています。
だからこんなにすんなり吸収されてしまうオイルは生まれて初めてだということがいいたいのです。

実は丁度お腹が減っていたので、パスタを茹でている間にこのEDHOをなんとなく肘につけ、この驚きに興奮している間に茹で上がったパスタを調理しなくてはならなくなり、なんだかいてもたってもいられない状態でした。
ええ、すぐにでもこのことをブログに書きたくなったからです。
ウズウズしながらもガーリックを切り、ウインナーを切り、茹で上がったパスタを油を敷いたフライパンに入れ、炒め、そして食べます。
しかしゆで時間4分のところを2分ほどオーバーしたらしく、すっかり伸びきったラーメンのような感じになり、仕方なく書きたい欲を抑えながらものびのびパスタを平らげました。

さあ、書くぞ!と思いきや、その前に写真をとっておこうとしていろんな方向から写真を撮っているうちに、なんと私は大変なことを!
ふたを開けっ放しで棚の上に置いていたことをすっかり忘れており、ふとした瞬間に腕が触れてしまい、気が付いたらEDHOは宙を舞い、そして床に。
ご想像通り、この前代未聞のスーパースペシャル保湿剤はカーペットに勢い良く吸い込まれていきました。
またもやオイルショック。。

しばらく考えた挙句、ひとつの答えが見つかりました。
それは・・「この美容液がどれほど貴重なものか身を持って知るがよい」というメッセージであったということです。
私はカーペットの浸透力にも負けじと、必死で指ですくい取りながら、片方の手の甲に塗りたくりました。
しかし、肌への浸透力も高いこのEDHOはカーペットへの浸透力も驚くほど早いです。
ガックリ・・・・・

私の買ったばかりのEDHOはあっという間に半分以下になりました。。(写真参照)
きっと私はこの残りEDHOを祈りを捧げながらとても大事に使うことでしょう。

それにもうひとつ私の中で変ったことがあります。
それは、こんな凄い保湿剤を使ったら顔もきっと凄いことになると。
だから今まで手抜き気味だったスキンケアを今日からかなりしっかりキッチリ大真面目にやると思います。

私は最近までずっとストレス続きの毎日だったので肌はガサガサ。
あまりにもタイミングよくこの保湿剤が私の目の前に現れたということになりますが、いつものことながら、しょっぱなから大失敗をする私は一体何者なのでしょう?

ここで教訓です。
“使い終わったEDHOは必ずキャップをしっかり閉めること!”
ま。さほど偉そうに言うことでもなかったかもしれません。

それともうひとつ。
私は次のオーダーでこのEDHOを4つぐらい買ってしまうと思います。
気に入るとたくさん買い占めたくなってしまうクセはそうそう簡単には治らないようです。

アキュア

|

« 慌ててオーダー | トップページ | オイルショック2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69370/5213686

この記事へのトラックバック一覧です: オイルショック!:

« 慌ててオーダー | トップページ | オイルショック2 »