« アレ?筋肉痛が・・ | トップページ | NDXは腰痛までも?! »

2005/06/14

夏だ!アイスだ!

ということで私は今カーヴコーヒーのアイスコーヒーを楽しんでいます。
このコーヒーはホットでもおいしいですが、そのままアイスでもびっくりするほどおいしいです。
なにしろ味がどこまでもクリアですから。
とにかく雑味がなくコーヒー本来の香りが引き立っています。

今まで首都圏のコーヒー専門店などで数あるコーヒーを飲んできましたが、私が今まででおいしいと思ったコーヒーは千歳船橋にある珈琲工房と、同じく千歳船橋の香味亭というお店です。
千歳船橋はこじんまりした街でどうしてここに2件もおいしい店があるのか不思議ですが、なにより思い出深い地でもあります。
珈琲工房で出してくれるコーヒーは徹底して豆と焙煎方法にこだわり、限られた畑でとれた豆しか使わないのだそうです。
逆に香味亭は豆ももちろん、水にもこだわり、そしてマスターが飲み方まで教えてくれます。
アイスコーヒーはストローを使わず、ミルクもガムシロップも加えず一気に飲み干すのがいいと。
私はストローでゆっくりたしなむように飲むのが好きですが、専門家がそう言うのならとにかくやってみようということで、一気に飲んでみたら確かにコーヒー本来の味が一気に口に広がり素晴らしい快感が得られました。

とにかく私は小学生時代にコーヒーの味を覚えてからというものずっとコーヒー好きですが、なにしろ両親がコーヒーが好きだったので幼い頃コーヒーの立て方を教わりいつも入れさせられていました。
今思えば親のためにコーヒーを入れる子供・・なんと私は従順な子だったのでしょう。
しかし人のコーヒーを入れてばかりではおもしろくありません。
「飲みでみたい」というと、「子供にはまだ早い」とか「寝れんようになるからアカン」とか月並みのことを言われましたが、それでもせがみ倒し、いつしか私も親と一緒にコーヒーを飲むことが出来るようになった時はとても感激したものです。
これで大人の仲間入り!と、ウットリする瞬間でした。

ところが幼心に解らないことがひとつありました。
それはコーヒーと一緒に水を出すということです。
親からコーヒーに水はつきものと言われましたが、はて、一体どうしてなんだ?と。
“つきもの”と言われてもそれではまったく説明になっていません。

実は当時コーヒーを飲むルールがもうひとつありました。
それは最後の少しだけコーヒーを残すということです。
これは粗目のシュガーを使うので最後に甘くなった部分が底に溜まるので残すということはしばらくしてからわかりました。

そしてコーヒーに水をつける意味が解ったのは、つい最近になってからです。
疑問を持ち始めてから25年は経過したでしょうか。。
それは私がカーヴコーヒーを飲み始めてからです。
カーヴコーヒーのうまさは本当にひっくり返るほどです。
そしてこれを飲み始めた時に初めて、本物がどういう意味かわかりました。
先ほども言いましたようにとにかくクリアだし、コーヒーの香りが最高レベルに引き立っています。

ところがたまに外でコーヒーが飲みたくなった時に適当な店に入ってコーヒーを飲むといつも感じることが、これは本当にコーヒーなのだろうか?と。
なんだか黒くて苦いだけの飲みのものように感じます。
それにもうひとつ。
必ず飲んだ後に水が欲しくなります。
要は“薄めなさい”という体からのメッセージです。
水分を飲んでいるはずなのにどうして水が欲しくなるのだ?という感じですが、
とにかく後味悪いし、変な苦味と薬品ぽいようなまずさが口の中にずっと残ります。
それに飲みすぎると胃が気持悪くなってきます。
だから水を飲んで薄めなくてはいけないようです。

よそのコーヒーになぜ雑味が残るのか詳しいことは知りませんし、それにカーヴコーヒーを毎日飲める私にとってはもはやそんなことは興味の外にあります。
とにかく私が断言できるのは、カーヴコーヒーを飲み始めて約5年目になりますが、飲んだ後に水が欲しくなったことは今まで一度もありません。
いえ、それどころか何杯でもコーヒーが飲みたくなります。
もちろん気持悪くなったりしたことも今まで一度もありません。

それに私の場合はたくさん飲みたいのでアイスでもアメリカンで立てます。
サーバーに氷をたっぷり入れ、水はホットの半分にし、そして豆はホットより若干多めでそして細かく挽きます。
とにかくアイスコーヒーの風味を最大限に生かす方法は、立てたコーヒーをその場で一気に冷やすことです。
ホットで入れて後で氷を入れても単に水臭くなるだけですから。

実際アイスコーヒーはフレンチやイタリアンなど油分の多い豆を使って濃い目に入れますが、私はあえて、ビエナ、コロンビア、ヘーゼルナッツ等のさっぱり系の豆を使って立てます。
普通なら水臭いだけのコーヒーになってしまうでしょう。
ところがカーヴコーヒーなら、この方が断然おいしいのです。
どんなに薄く立ててもコーヒーの風味が損なわれないのがとにかく凄いと思います。

このブログを読んでいる方でコーヒー好きの方がいらしたら、まあ騙されたと思ってやってみてください。
ノンシュガー、ノンクリームのストレートアメリカンアイスコーヒーがこれほどおいしいのかというのを発見されることでしょう。

私は以前喫茶店でバイトしていたことがありますが、そこで聞きました。
そこではなんとアイスコーヒーに最初からアイスクリームを入れて出すのですが、その理由はまずさをごまかすためだと。

アキュア

|

« アレ?筋肉痛が・・ | トップページ | NDXは腰痛までも?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69370/4616188

この記事へのトラックバック一覧です: 夏だ!アイスだ!:

« アレ?筋肉痛が・・ | トップページ | NDXは腰痛までも?! »