« あって良かったでっかいプロテイン | トップページ | 凄!! »

2005/03/06

やっぱりトップ5

030605トップ5とは世界で5番目に売れている化粧品ブランドのことですが、いわゆる私が愛用しているスキンケアです。
男がスキンケア?!
と、思われるかもしれません。
そう、私も出来ればスキンケアなど面倒臭いものは避けて通りたかったものです。
その私がなぜこれほどスキンケアにハマってしまったか?
その答えはやはりすぐに結果が得られるからということでしょうか。

それまでの私ときたら、スキンケアは香りつけ、又はファッションのひとつだと思っていました。
20年ぐらい前になると思いますが、DAMONという男性化粧品が出て、なんだかCMでもやってるし、やってみたらカッコイイかな?という感覚でした。
それでどうなったかというのはほとんど記憶にありませんが、多少カサカサ肌がマシになったかな?ということぐらいはおぼろげに覚えています。
あと、女性が朝晩一生懸命やっているスキンケアという行為が不思議でなりませんでした。
一体何のためにあんな面倒臭いことをしているんだろう・・と。
当時はメイクする女性があまり好きではなかったので、そんなことしなくてもいいのに・・と思っていました。

そう、私にとってスキンケアってそれほど無関心なものでした。
しかしそんな私が今ではスキンケアで興奮する毎日を送っています。
それは間違いなく興奮できる製品に出会えたからでしょう。
私はここ10年程、“スキンケアの謎”から脱し、なるほどスキンケアはやったほうがいいものだ!という風に変りました。
それはやはり美しく変化していく女性達をこの目で数多く見てきたからでしょう。
私が今のブランドに行き着くまでの時点でもかなりの衝撃があったのに、5年前にアメリカの製品を使ったときは本当にビックリしました。
私が思ったことは「なるほど!これが女性達が求めていたスキンケアなのか!」ということです。
そう、美しさを保つため、そして今では“維持レベル”から“若返りレベル”の科学にまで突入しています。
しかも上から潤いを与え、老人肌が見えてこないように“抑える”という今の常識から、根本的にDNAを再生し、若かった頃の肌を元から作る技術にまで進歩しています。

こうなってくると、この分野は女性だけの楽しみではなくなってくると思います。
そう、男だって出来れば老けたくないのですから。
誰だってオヤジとは呼ばれたくないのです。
女性達に「いつまでも若々しくてカッコイイですね!」と言われたいものです。
私は男ですが油ギッシュなオヤジや酒臭いオヤジには出来る限り近づきたくないものです。
まあ、世の中いろんな人がいますから、あの油ギトギトが素敵!という方も中にはいらっしゃるのでしょうが・・

ともかく、アメリカの科学は本当に凄いです。
「継続は力なり」ではなく「選択は力なり」という時代だと思います。
性能に劣るスキンケア製品をどれだけ長期間使っても、所詮その栄養価レベルの上限で頭打ちになってしまいます。
軽自動車でどれだけアクセルを踏み込んでもせいぜい出せるスピードは100キロぐらいです。
そうではなく性能の良いスキンケアに切替えてしまうのです。
フェラーリに乗り換え、アクセルを踏み込めばあっという間に300キロのスピードが出ます。(捕まりますが・・)
しかしフェラーリはそう簡単には買えません。
過去に中古フェラーリの見積もりを出して貰ったことがありますが、最長ローンでも毎月19万円でした。
確かに買おうと思えば買えない金額ではありませんが、維持費が大変です。
マメに高性能オイルを入れなくてはならないし、無論燃費も悪いです。
しかも夏でも15分の暖機運転が必要だったり、ちょっと近くのコンビニに行く程度なら暖機運転しているうちに歩いていった方が早いってことになります。

話がそれてしまいましたが、でももしこのフェラーリが新品で軽自動車と同じ価格で買えるとしたらどうでしょう?
私はそういうメーカーと製品に運よく出会ってしまったのです。
CMを一切しない会社なのでそうそうこの情報に行き着くことはないでしょう。
しかし私はお金がない分、頭からアンテナを立てておくことは怠りませんでした。
そしてこの情報をかなり早い時期にキャッチしました。
幸運だったと思います。

そういえば急に思い出しました。
一週間ほど前に以前一緒に仕事をしていた人と久しぶりに会い近所でお茶をしたのですが、その後仕事が順調でそれなりの稼ぎがあったらしくポルシェを購入したというのですが、先日高速道路で300キロ出してしまい捕まってしまったそうな。
確かに日本の一般公道で300キロを出せるところはないでしょう。
しかし同じく海外からパワーとスピードのある高品質なスキンケアを購入し、そしてそれを使ってどれだけ美しくなっても捕まることはありません。
要は美に法的な規制はないということで、どれだけ美しくなっても許されるのです。

私の使っているスキンケア製品はアメリカの大自然で育った有機野菜を原料に、総勢450人以上の科学スタッフが作り上げた最先端科学のスキンケアです。
その畑の広さは神奈川県ぐらいの広さがあるというのですから驚きです。
さすがアメリカという感じですが、畑だけではありません。
スキンケア製品には肌をどんどん若返らせてくれるハーブもあるのですが、この会社はワシントン州が空気と水と土がもっともきれいだと認めているカスケード山脈の山ごと買い、そこで育てたものを使っています。
その辺の工場の近くや高速道路近くにある畑とはぜんぜん違うのです。

とにかくこんな話より、このスキンケアは想像を絶するパワーとスピードがあります。
使えばすぐに肌の感触が変るし、顔の形も変ります。
小じわ、シミ、シワ、たるみ、キメ、滑らかさ、これらの用途に応じて美容液が揃っていますし、好みに応じてアレンジし理想の美顔をつくりあげることができます。
従来のように皮をひっぱって脇で縫いつけたり、他の皮膚を移植したり、目やおでこに注射したり、骨を削ったり、レーザービームを放射したり・・
大事な顔を勇気を振り絞ってそんな大それたことはしなくても良いのです。
そういうことをする理由は美容液のパワーでは物足りないからというのがダントツの理由ではないでしょうか?
もし美容液のパワーだけでそれと同等の美顔が得られるなら勇気と多額の費用は必要ありません。
アメリカにはそういうのがあるんです。
間違いなくアメリカは日本より10年は進んでいます。
しかもいいことにITの時代ですから、パソコンさえあれば自宅にいながら買えてしまいます。

仮に本当にたるみを改善するリフティングローションの価格1本いくらだと思うでしょうか?
最悪の結果でもきちんと守られた通り使えば3ヶ月でたるみを半分にしてくれるのですが、もしそうならなかったらこの会社はお金を全額返すと言い張っています。
このローションの金額は2万円ですか?5万ですか?それとも10万円ですか?
本当にたるみがなくなるなら10万円でも安いと思います。
しかし男の私が、しかも一般ピープルの私が、そんなに高価なものを毎月買えません。
そう、これ6,000円ほどで買えてしまうのです。

もちろんこの性能を100%引き出そうと思うなら同シリーズで揃える必要がありますが、それでも特殊なものは除いて一通り揃えても3万ぐらいで買えてしまいます。

と、男の私がスキンケアの性能や価値をここまで語ってしまうのも、なぜだか自分でも良く解りませんが、
それほどこのスキンケアは誰にでも買える値段で、しかも確実に若返ることが出来るスキンケアと言えるでしょう。

あ、なぜそんなに自信満々に言えるか?ですか・・
それは私はこの目ですごい変化をしていく女性を何百人と見てきましたから。
特にスキンケアを徹底的にされる女性はあまりの変化に私がその方だと気が付かなかったことも何度かあるほどです。

先日、近所のファミレスで私と同じ製品を使ってらっしゃる女性と二人っきりのオフ会を開きました。
そして私はその方を見て驚きいました。
会うのは確か、3ヶ月ぶりぐらいだと思うのですが、本当に見てはっきり解るほど肌がきれいになってらっしゃいました。
ファンデーションつけなくてもいいのでは?と思うほどでした。

こんな経験をもう5年もしてますから、面白くってしかたありません。
人の変化を見るのは実に楽しいです。
もちろん私も女性陣に負けないよう頑張ります。

今日は近くのファミレスからの投稿でした。

アキュア

|

« あって良かったでっかいプロテイン | トップページ | 凄!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69370/3189255

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりトップ5:

« あって良かったでっかいプロテイン | トップページ | 凄!! »