« 炊き込みごはんもおいし | トップページ | ドメインも輸入?! »

2005/02/25

アルファリポイック酸ってなんだ?

dx10days最近、アルファリポイック酸というものが巷で流行っているらしいです。
何分、私はテレビを観ないものでこういう情報は必ず人から入ってくるのですが、
ここで私はハッキリと申し上げたいです。
それは「栄養素に流行なんてあってはいけない」ということです。
私のパートナーのブログを読まれた方はご存知かもしれませんが、そもそも魚が流行っている時だけ大量に魚を食べ、きのこが流行っている時だけきのこを大量に食べるというのは変ではないでしょうか?

例えばアラスカに住むイヌイットの人々はアザラシや北極グマ、クジラ、海鳥等、主に肉類を食べていますが、あの厳しい寒さの中でも元気に生き抜いています。
もちろん畑でとれる野菜や果物はありませんので食べれません。
このことからも解るように人間はその環境に順応して生きるようにできているので、その地域で摂れるものを食べていれば元気に生きていけるということです。
しかし肉類ばかり食べて、ビタミン等をとることが出来るのだろうかと思ってしまいそうですが、肉にもちゃんとビタミンは入っています。
健康維持のために必要な栄養を摂ろうと思ったら動物をまるごと食べると良いとのことです。
以前もお話したかもしれませんが、例えば心臓を強くしたかったら心臓を食べるというように、特にその栄養が必要ならその部位を食べればいいと教わったことがあります。
確かにこの理屈は様々な分野のデータから見ても辻褄が合うことです。
仮に心臓で言えばコエンザイムQ10が多く含まれます。
これは人間が生きている間絶え間なく動き続ける心臓のエネルギー源として特にコエンザイムQ10が必要だからです。
かといって、目を良くしたいからと動物の目を食べることはちょっと気が引けます。
確かインディージョーンズの映画のワンシーンに宮廷のデザートとしてなんかの目玉が器に盛られて出てきたことを覚えていますが、やはり気味悪いです。
しかし目にはDHAやルテインなど目に必要な栄養がたっぷり含まれます。
なぜなら目の機能としてこれらの栄養が必要だからです。
サルの頭がくりぬかれ脳ミソを食べるシーンもありましたが、脳ミソにはアミノ酸だけでなくDHAがたっぷり含まれます。
ハンニバルの晩餐会はちょっと勘弁してください。思い出したくもありません。
とにかく私がお話したかったことは、なんでもまるごと食べればバランスよく栄養が補給されるということです。

では、最近巷に溢れているサプリメントはどのように解釈すればいいか、ということになりそうですが、私はこう考えます。
そもそもサプリメントの必要性が語られるようになったのは、現在の食生活では健康維持のための十分な栄養がとれないということが解ってきたからです。
みかんをまるごと食べれば若さを保つための抗酸化物質をたっぷり摂ることができますが、そうは言っても好んで皮を食べる人はいないだろうし、そもそも皮には農薬がついています。
農薬の一部は発ガン物質として知られていますが、長生きするための栄養が皮にたっぷり含まれるのに、その上に寿命を縮めてしまう薬品がついているとはなんとも皮肉な話です。
生死は紙一重といったところでしょうか・・
そもそも“農薬”という風にひとまとめに言ってしまうとさほど危険なイメージはありませんが、その正体は殺虫剤、殺菌剤、除草剤というように、とにかく生きているものを殺してしまう薬品です。
まさかこれらをごはんにふりかけて食べようとする人はいないでしょう。
それに今の野菜は科学肥料やバイオテクノロジーなどによって促成栽培されたもの、限られた畑でも大量に収穫できるものです。
人工的に作られた肥料はどう頑張っても肥えた土には絶対敵わないのですが、それは人間が人間を一から作れないのと同じです。(ちなみにクローンは一からではありません)
それにしても何ということでしょう?!
土にも薬品、そして害虫や雑草を駆除するためにも薬品、そして長持ちさせるため見栄えをよくするためにまた薬品、とにかく薬品漬けによって出来た野菜や果物に栄養があると思われるでしょうか?
そしてそれを食べると、人は健康を維持できなくなり、そして病院に行って処方されるのはまた薬品です。
これでは薬物中毒でなくとも人類そのものが薬物中毒といえそうですが、このことに気付かなくては地球上から病気が減ることはあり得ないと思います。
先日、本屋さんで薬をやめると病気は治るというある医師が書いた本が出ていましたが、ようやくこういうことを専門科が語るようになったかと思いましたし、この先生の勇気ある行動に少々驚かされました。

ところでサプリメントと申しましても大きく分けて2種類あります。
粒になっているから見た目はわかりません。
しかしそれらには天然原料のものと化学薬品によってつくられたものがあります。
それはテーブルの一方にもぎたての野菜や果物を並べ、そして一方には紙やロウ、石油を並べてみれば解ると思います。
どちらを食べたいかは個々のご判断にお任せします。

と、なんだかアルファリポイック酸の話から大幅に反れているようですが、
いいえ、反れていませんでした。
私が申し上げたかったのは野菜でも魚でも動物でもまるごと食べるのが良いということです。
アルファリポイック酸だけ食べてなんのメリットがあるのでしょう?
鋭い方は既に企業の販売戦略だということに気付いていらっしゃるかと思います。

これは余談ですが、私がテレビを見ない理由はテレビがタダだからです。
タダほど高いものはありません。
一時ある映画にペプシのサブリミナル効果が埋め込まれていて問題になったことがありますが、テレビは目に見えるサブリミナル効果だと思います。
子供がついついCMソングを歌ってしまうのがその良い証拠です。
人は繰り返しに弱いですから、アルファリポイック酸を数十回繰り返されると気がついたら薬局で買ってるという具合でしょうか。
ここで既にテレビはタダではなくなっています。
私は子供の頃から20代半ば頃までCMをしているものが“良いもの”だと思っていました。
だからCMしていないものには手を出さず、CMしているものばかり買っていました。
結果はご想像にお任せします。

何度もお話してきたかと思いますが、アルファリポイック酸だけ食べて本当に若返るでしょうか?
私の知る栄養学ではアルファリポイック酸はビタミンCやEのサポート的な存在であり、CやEが十分に摂れていないのにこれだけ食べても意味がないと言いたいのです。
極端な例ですが醤油は大豆から出来ていますので少量なら栄養になりますが大量に摂ると死にます。
第二次大戦の頃、兵隊さんが自殺する時に醤油を一升瓶まるごと飲んだという話がありますが、まさかおかずに一升瓶分の醤油をかけて食べる人はいないと思います。
しかし私からすれば一部の栄養だけを大量に摂る行為はそのように見えます。(無論例外もありますが)
アルファリポイック酸が100mgとか250mgとかまるで競い合うように成分量が増えていきます。
それに付加価値をつけるためにあれやこれやいろんなものが混ぜてありますが、はて、その処方に安全性が証明された臨床データはあるのでしょうか?
まあここでは出来ない驚くような話がいろいろありますが、とにかくそのサプリメントを出している会社が本気で人々の健康を考えている会社かどうかきちんと確認した方が良いと思います。

ちなみに私は5年前からアルファリポイック酸を食べています。
それも意識して食べていたのではなく無意識に体に入っていたという感じです。
なぜなら私が普段食べているマルチビタミンサプリは野菜をまるごと固めているものなので、勝手に入ってしまうのです。
もちろんまるごとですからバランスがいいのはいうまでもありません。
ここでサプリを選ぶ基準をもう一つ付け加えておきます。

今食べているサプリが天然原料だからといって決して安心はできないということです。
なぜなら野菜や果物についている農薬はタブレットやカプセルにしてしまえば解らなくなってしまうからです。
こういう薬品に限って無味無臭なので余計に厄介です。

私なら決して農薬を使わない旬の野菜をそのまま固めたサプリを食べます。
結果は10歳若く見られるといった感じです。

アキュア

*****

どうやら肝心な話が抜けていたようです。
アルファリポイック酸は健康な細胞をつくる上で必要不可欠なものですし、コエンザイムQ10と共にエネルギーを作り出す重要な栄養です。
更にビタミンCとEは抗酸化物質として知られますが、アルファリポイック酸がこれらの抗酸化作用を高めてくれるものでもあります。
ちなみにダイエットサプリにもよく使われていますが、代謝を高めてくれることで痩せるということが言えますし、もちろん抗酸化作用によって老化を遅らせてくれるので美容にも良いのは言うまでもありません。
そういえば先日DXのお話をしましたが、これを食べ初めてかなり痩せた人が私の周りに何人かいましたが、その決定的な理由が今まで解らなかったのです。
そしていつかこのアルファリポイック酸が入っていることを知り、なるほどと思いました。
もちろんこれだけではありませんが。

さて次に流行する栄養はなんでしょうか。
MSM(有機硫黄)でしょうか?それともアルファカロチン、ゼアキサンチン、クリプトキサンチン・・・
とにかく全部野菜に入っています。

|

« 炊き込みごはんもおいし | トップページ | ドメインも輸入?! »

コメント

こんばんは。
いつもすごいな~と思いながら読んでいます。
確かに栄養素に流行なんておかしいですよね。
つねにバランスよく摂らなければ意味のないものなので、納得しました。
テレビや企業だけが悪い訳ではなく、選ぶ側の私たちにも問題があるのかもしれませんね。

投稿: さとし | 2005/02/25 23:53

>>さとしさん
コメントありがとうございます。
確かに私達も本物を選び出す努力をしなくてはいけないと思います。

投稿: アキュア | 2005/03/04 17:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69370/3074989

この記事へのトラックバック一覧です: アルファリポイック酸ってなんだ?:

« 炊き込みごはんもおいし | トップページ | ドメインも輸入?! »