« サクッと行こう! | トップページ | やっと解った!CNの使用法 »

2004/12/14

プリムローズって凄いかも・・

pms_esプリムローズってかなり凄いかも・・です。
なぜなら最近私のパートナーがめちゃめちゃ優しいんです。
あっ、もちろん元々とても優しい人なのですが・・それに輪をかけてと申しますか・・
彼女はバリバリのキャリアと申しますか、とても有能な人で、そして仕事にとても生きがいを感じている人です。
その分、朝は7時半には家を出て、帰ってくるのはほとんど終電間際という感じで、とてもではないですが、私になんぞ優しくしている余裕などないはずなのです。
いえ、男の私としては女性に優しくしてもらうことはとても幸せを感じることですし今後の仕事の意欲にも繋がります。
「よっしゃー!必ず幸せにしてやるぜ!」という感じになるようです。(失礼)

原始時代から男は狩に出て、女は家を守るというスタイルですが、いずれにせよ男の私が子供を生むことはかなり難しいですし、子供を生んだ時の喜びや育てることの生きがいも一生感じることが出来ないのはとても残念な気もしますが・・とにかく“養う”ということの意欲は男の生きがいでもあり、そしてどうやら本能のようです。
「まったくあんたって人は!これじゃやっていけないわよ!」と奥さんにガミガミやられケツを叩かれながら家族を養うのもなかなかお洒落かと思いますが、本来、男は好きになった人を「きっと幸せにしてやる」と心に誓っているはずかと思いますし、少なくとも私はそうです。
しかし現実はなかなか理想の形にならず、俗に言う“尻に敷かれる”という最もポピュラーなスタイルになってしまうのではとも思います。
「こんな~はずじゃ~なかっ~たのに~」となんかの歌の出だしになりそうです。(またもや失礼)

そこでこの尻敷スタイルをどう切り抜けるか?ということになりそうです。(すいません・・勝手に言葉作ってます)
人は相手に何かを望むと、結局自分が苦しむことになるようです。
なぜなら人は自分の思い通りにはなかなかなってくれないものですから。
なら、自分が変わればいいということになりそうです。
これは最も手軽な方法だと思います。
自分が笑えば相手も笑うし、自分が怒れば相手も怒るわけで、それなら自分が“きっと幸せにしてやる”と男らしいオーラを放出させるのが最も得策だと思うのです。

逆に女性の場合は、「本当はあの人を頼りたい・・しかし頼れない・・」みたいなところがあると思うのです。(なぜか妙に実感こもってます)
しかし頼れない・・というオーラを放出させ、それが男を奮い立たせる引き金になればいいのですが、「けっ、どうせ俺は頼れない奴だよ・・」なんて開き直ってしまっても困り者です。
それに男はやはりパートナーに認めてもらうこと、そして信じてもらうことが一番嬉しいですから、そのことで仕事意欲が奮い立つということになりそうです。

私は残念ながら男子高でしたから経験ありませんが、野球の応援の時に学ランに鉢巻というスタイルでドスの効いた応援歌を延々とやられるより、女の子に「キャー!」と一声入れられる方がよほど闘志を燃やす効果があるような気もします。
もちろんそれでのぼせてしまって鼻の下がべろーんと伸びきってしまっては逆効果ですが・・

要は男はいくつになっても女性に対して見栄を張りたいというのがあると思うんです。
現に私は女性に文句を言われるとやる気を失い、誉められると宇宙にすっ飛ぶぐらい嬉しく、それが仕事のやる気に繋がりますので。

おっと、プリムローズの話から遠ざかってきたような気がします。(あぶないあぶない)

また元に戻りますが、最近私のパートナーは少し前までサボり気味だったプリムローズをしっかり摂り始めたらしくすごく優しいんです。
私はそれが嬉しく、より一層仕事に燃えようとしています。
それにこの場でこんなことを言うのもなんですが・・ぷ、ぷろぽーしょんが・・なんか・・ちょっと・・すごいかも・・です。はい。(どうかここだけの話に)
人間は同じものをずっと見ているといずれそれが見えなくなるものですが、そうでなくなると(要するに変化が起きると)そこに目が行くようで、なんとも、はい、そんな感じです。
いやはや、変な虫がつかなければいいのですが・・

ところで私はたった一人のパートナーに優しくされただけで私の周り100人に優しくなれそうです。
そして、その100人がまた100人に優しくしたら・・と、わずか5回リレーしただけで、地球人全てが優しくなるという計算になります。(こういう時に電卓は役に立ちます)
たったプリムローズ1本がパートナーとの関係をより一層深め、そして人類全てが幸せになるなんて、なんて凄いんでしょう!

と、まあ、それはいささかオーバーかもしれませんが、私は男として、全女性にこれをとって欲しいと思います。
最近、環境の変化で、女性の男性化、男性の女性化が目立っているようですが、これはある意味止むを得ないことかと思います。
女性が男らしくなると男は自分の立場を忘れてしまい、逃げ場を失った男はきっと女性ぽい方向に走るしかなくなってしまうでしょう。
そして女性っぽい男に女は呆れ、ますます女性は男らしく・・という自然の原理に準じた単純な図式が出来そうです。
しかし、女性が女性らしくなれば男性はより男性らしくなるわけで、これで全てがうまくいきそうです。

実はこのことは今に始まったわけではなく、私の周りでは男女の関係が良くなった話をたくさん聞かされますし、まったく男性に縁のなかった女性がいきなり恋人が出来たり、はたまたそれですぐにゴールインしたり、それに生理痛、月経不順が改善されましたという話も数え切れないほど、あとは「肌がきれいになった」「胸が大きくなった」「ウエストが引き締まった」「いきなりデートに誘われた」「彼が優しくなった」「男性にモテるようになった」と私が覚えているだけでもこんな感じです。
ここで間違えてはならないのが彼に優しくしてもらおうとして彼のご飯にこっそりプリムローズを混ぜることです。
いつ変化が起きるかとニヤニヤ顔で彼の食べる姿を眺めていてもなんの変化も起きませんので、一応・・

ところでこのニュートリ○イトのプリムローズはどうしてそんな不思議なことを起こさせてしまうのでしょう?(と素朴な疑問が・・)
私が聞いた話では、特に日本女性は米を食べるので、女性ホルモンのバランスを保つための栄養素が不足しがちなのだそうです。
そこにプリムローズ(月見草)を摂ると、そのバランスが良くなり、女性本来の美しさと優しさが際立ってくるのだということです。
もちろん異常なほどの月経の周期の乱れや死ぬような思いの生理痛はここに原因があるとのことなのです。
実際に「鎮痛剤をほとんど頼らなくても良くなった」という話をよく聞きます。

私は好奇心旺盛な40代ですので、訳のわからないままアメリカからプリムローズを買ってぱくぱく食べてましたが、結果は先ほど申し上げたとおり・・
2/3ほど残っていたのをパートナーにあげたのが良かったみたいです。

いやはやいい時代になりそうです。

アキュア

|

« サクッと行こう! | トップページ | やっと解った!CNの使用法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69370/2263931

この記事へのトラックバック一覧です: プリムローズって凄いかも・・:

« サクッと行こう! | トップページ | やっと解った!CNの使用法 »